(書評)スノーホワイト

著者:森川智喜



14歳、中学生でありながら自らの探偵事務所を営む襟音ママエ。彼女は、小人の助手と「真実を映し出す鏡」を持つ反則の名探偵。そのため、舞い込む事件の真相はわかるのだが、推理をするのは大の苦手。そんな探偵稼業を続けるある日、顔を合わせた探偵・三途川理は、彼女を窮地に陥れようと画策していて……
第14回本格ミステリ大賞受賞作。
著者の作品を読むのはこれで3作目。デビュー作である『キャットフード』はともかく、『未来探偵アドのネジれた事件簿』は、タイムスリップをして真相を確かめる、という探偵。本作は、真実を映し出す鏡で真相をする。なんていうか、推理とかではなく、ある種、元も子もないような形で事件を調べる探偵を描くのが好きだな、と感じる。
そのような物語は、第1部でひたすら、どういう風に推理をしているのか? が紹介される。そもそも、中学生が探偵をしていることで不審がられる。しかも、真相は知っても、どうやってその真相にたどり着いたのか、といった説明が苦手。だから、そこでいつもしどろもどろに。「女の勘です!」とか、そういう形で押し切るあたりにかなり笑った。
そして、後半になると、そこから大きく物語が動き出す。
鏡、そして、小人の故郷であるおとぎの国の王となるために、ママエを殺してしまいたい后・ダイナがこの世界へ。そして、ママエの様子に不信感を抱いている三途川と手を組むことに。ママエと同じような鏡を用いて……。
本当、ダイナじゃないけど、三途川、元の持ち主よりも鏡を使いこなしている(笑) そして、実に周到にママエの周辺を探り、追い込んでいく。対してママエは、とある事情で鏡が使えなくなり、その中で助手である小人たちが何とかママエを守り、三途川を止めるべく奮闘していく。正直なところ、圧倒的に三途川が有利な中での戦い。鏡のないママエは役に立たず、相手は鏡で自分達の行動も知ることが出来る。そんな中での、三途川の弱点は……
多少、キャラクターがデフォルメされすぎかな? と感じたりするところはあるけど、ある種、反則な武器を持っているからこその攻防戦。ドタバタした雰囲気と共に楽しむことが出来た。

No.3920

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

COMMENT 0