(書評)ぼぎわんが、来る

著者:澤村伊智



妻子との幸せな日々を送る会社員の田原。しかし、ある日、後輩からもたらされた伝言に彼は凍りつく。そこで出たのは、まだ誰にも言っていないはずの娘の名。そして、後輩は、怪我を負い、そのまま憔悴してしまう。その後も続く、不審な電話、伝言……。思い出すのは幼少の頃、祖父がおそれていた「ぼぎわん」なるもののこと……
第22回日本ホラー小説大賞、大賞受賞作。
冒頭で記した紹介文だと物語の主人公は、会社員の田原のように思えるのだけど、物語は3部構成で綴られる。
第1部が、冒頭に書いた田原の物語。次々と田原の周囲で起こる奇妙な出来事。しかも、それは自分だけでなく、愛する妻子も狙っているらしい。その存在は「ぼぎわん」? そもそも「ぼぎわん」とは? 民俗学者の友人、さらにはオカルトライター、霊能力者にも協力を求めるが……
第2部では、その田原の妻に視点が移る。田原の視点では、愛する妻子を守りたい、という想いが綴られていたのだが、視点が変わると、それが実に独りよがり、そして、自分本位なものであるという形へと変貌する。どうしても、埋められない決定的な溝。そして、そんな心の隙間へと入り込むように迫り来る怪異……。そして、第3部では、田原から依頼を受けたライター・野崎の視点に物語が移動する……
正体不明な「ぼぎわん」なるものは一体何なのか? どう対処すれば良いのか? そんな物語に、多視点ゆえの、ものの見方の違いと言った構成を加えることで、比較的、王道な物語の流れを魅力的に見せるという綴り方は見事。さらに言えば、「ぼぎわん」に関する部分で、かつての貧しい農村での風習と、現在の社会問題的なものを上手くリンクさせている、というのも見所かも知れない。一億総活躍社会とか、そういう言葉が言われているけど、そのために、っていうのが噛み合わないとこの作品で描かれるような家庭環境が……ってことは十分にあるだろうしな……
正直、まとめの辺りについては、ちょっと飛ばしすぎな感じはしたのだけど、十分に面白い作品と評価できると思う。

No.3940

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT 0