(書評)江ノ島西浦写真館

著者:三上延



江ノ島の路地の奥。ひっそりとした入り江に佇む江ノ島西浦写真館。館主であった祖母の死によって、歴史に幕を閉じたそこに、遺品整理のため繭は訪れる。遺品の中に残った「未渡し写真」。丁度、そこに写真を受け取りに来た青年・真鳥と出会い……
『ビブリア古書堂』シリーズが好評な中で刊行された新作。こちらはタイトルで分かるとおり、写真・カメラなんていうものがテーマ。
……なのだけど、イマイチ、物語に入り込めなかったなぁ、というのが素直な感想だったりする。
偶然に出会った真鳥の祖父母について、写真が語るもの。かつては、写真家を志していた繭が、写真をやめるきっかけとなった「事件」。かつて写真館から「盗んだ」銀のことが気になっている男性。そして、再び真鳥自身の問題へと繋がっていく最終編……
写真撮影に関する技法。特に、現在主流のデジタルカメラじゃなくて、フィルムを現像して、という過程を踏むフィルムカメラだからこその技法とかはなるほど、と思わされる。ただ……正直、この辺りは、以前に読んだ『谷中レトロカメラ店の謎日和』(柊サナカ著)とか似たような話があるだけに、そこまで新鮮さを感じなかった。
そして、何よりも気になったのが、作中で出てくる登場人物がみんな関係者というような状態なこと。正直、凄く狭いコミュニティでの話に思えてならない。最後に判明する真相とか、かなり無理があるような気がするし……
と、ネガティヴな感想を並べてしまったのだけど、個人的に、明るい面もあって好きなのは第3話かな?
結婚式を挙げたいが、しかし、金がない。そんな研司に、写真館でかつて働いていた叔父はそこに「銀」がある、という……。正直、どういうものかはわからないけど、この言葉自体は知っていたので、それを利用すると……というのは素直にビックリ。そして、暗い話が多い中で、このエピソードだけ明るい形で決着するというのも印象に残った原因かな? と思う。
シリーズ化するのかどうかはわからないけど、個人的に、これは追いかけなくていいかな? という感じになった。

No.3952

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0