(書評)スープ屋しずくの謎解き朝ごはん

著者:友井羊



店主の手作りスープが自慢のスープ屋「しずく」は、早朝からひっそりと営業している。出勤途中、偶然に店を知ったOLの理恵は、すっかり店のスープの虜に。そんな中、理恵は職場での人間関係のいざこざ、そして、お気に入りのポーチ紛失騒動に巻き込まれて……
ということで、スープ屋「しずく」で起こる事件を店主・麻野が解決していく連作短編集。ただ、店を舞台にして、という話ではあるものの、常連客の口コミで広まるため人間関係は比較的、狭い中で起きる。
とりあえず、職場の人間界のイザコザ。そして、ポーチ紛失事件の謎を解く1編目。職場の比較的狭い人間関係のいざこざ。ハッキリ言って、巻き込まれた理恵は、かなり悲惨だなぁ(笑) ただ、麻野が言うように、意外と言えば以外かもしれないけど、そこまで無茶な関係とも思えないだけに、理恵の驚き方はちょっと失礼な気も……
謎解きとして面白かったのは指輪紛失事件を描いた4編目。洗面所で外した指輪は、隠す場所もないはずの洗面所のある場所に隠されていた。その場所とは……。タイトルが大きなヒントになっているし、そもそもの候補は絞られているけど、確かに意外ではある。
そして、そんな謎解きを披露していた麻野の過去が明らかになる5編目。
怪しげな動きを見せる麻野の娘・露。麻野の妻で、露の母は既に死んでいる。しかし、麻野は、露を娘と呼ぶであろう人間が一人だけいる、という。そして、警察官である静句が出会った一人の子供……
これまでの4編とは描き方そのものが異なることもあるんだけど、作品そのもののカラーが異なる感じ。確かに、この真相にはビックリしたのだけど、むしろ、そこまでの謎解きで麻野が披露した知識の根源などが明らかにされていく……。この感想を書く前に、続編の感想とかもみて「よく続編が出たな」みたいなものを目にしたのだけど、確かに、ここまでの要素を全て出し尽くした感じ。それだけに、続編がどういう形で描かれるのか気になるところではある。

No.3965

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-4793.html
スポンサーサイト

COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  スープ屋しずくの謎解き朝ごはん
  • スープ屋しずくの謎解き朝ごはん ≪あらすじ≫ 店主の手作りスープが自慢のスープ屋「しずく」は、早朝にひっそり営業している。早朝出勤の途中に、ぐうぜん店を知ったOLの理恵は、すっかりしずくのスープの虜になる。理恵は最近、職場の対人関係がぎくしゃくし、ポーチの紛失事件も起こり、ストレスから体調を崩しがちに。店主でシェフの麻野は、そんな理恵の悩みを見抜き、ことの真相を解き明か...
  • 2016.03.19 (Sat) 17:22 | 刹那的虹色世界