(書評)隣人の死体は何曜日に捨てればいいですか?

著者:伊原柊人



凶悪事件が続発する状況の中、日本政府が打ち出した対策は「五人組」制度の復活。即ち、隣近所の5世帯の人間が事件を起こすと、その5世帯全ての人間が連帯して罪に処せられる、というもの。そんな五人組の班長に指名された来栖克明は、ある日、隣人である真鍋老人が殺されたのを発見する。しかも、殺したのは、これまた同じ五人組のメンバーである井辻という男。このままでは、全員が殺人罪に問われてしまう、となる中、メンバーが下したのは、真鍋老人の遺体を隠してしまう、ということで……
猟奇ミステリーと裏表紙のあらすじ紹介には書かれているけど……ミステリーというよりも、行くところまで行ききって、むしろブラックジョークの世界に突入している気がする。確かに、ひっくり返しとか、そういうものはあるのだけど……
普段、いるのかどうか、という怪しげな男・井辻の起こした事件。しかも、開き直って、今度は周囲に金を無心したり……とやりたい放題。そして、そのことで皆の箍が外れて、どんどん滅茶苦茶な方向へと進んでいくのは、最早、ミステリというよりもギャグ作品のような味わいに昇華している。登場人物が、基本的にゲスだったり、おかしなところを持っていたり……と、ちょっとアレな人々ばかりなのも、そこに寄与している。これって、多分、計算のうちなのだろう。
五人組制度。メンバーの中の誰が罪を犯したら、メンバー全員が同じ罪に問われる。これって、学校の運動部における連帯責任とかで、ある程度、現在でも生きているわけだけど、性善説にたっての方策だよな……。誰かが罪を犯せば、ということは、皆で協力して罪を犯さないよう抑止しあう。しかし、一度、その一線を越えてしまったら今度は、バレないように皆で隠蔽しあうことに。それは、わざとでなくとも起こりえること。まして、悪意を持って事件を起こすものがいたら……っていうテーマの取り方はなかなか面白かった。
まぁ、「こうなったら」という開き直りがあるにせよ、わざわざ必要以上に挑発を繰り返す井辻、さらに、そのきっかけも偶然とか、ややご都合主義的に感じるところはある。ただ、それすらも、この作品のカラーにあっている気がするのは怖いところ。
他の方の感想を見ていると、読後感が……というものを見かけたのだけど、これは最初から分かりきっていたわけだし、その意味では私はそこまで……という感じだった。いや、読後感がいいとは間違っても言えないけど。

No.3974

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0