(書評)とある飛空士への誓約9

著者:犬村小六



二千年来の悲願である「天地領有」のために動き出すウラノス。一千隻を超えるウラノス飛空艦隊の西進を阻止すべく、多島海連合主席参謀のバルタザールは、史上最大の奇襲作戦を立案する。片道切符同然のその作戦には、清顕、イリヤらも参加することとなって……
シリーズ完結編。もしかして、「誓約」だけでなく、「飛空士」シリーズそのものもこれで終わりなのかな? これまでにも登場していたカルエル、クレアら『恋歌』のキャラクターだけでなく『夜想曲』との繋がりも出ていての大団円だったわけだし……
っていうか……巻頭のカラーイラストで物凄いネタバレがあるのはどうしたものか……(笑)
前巻で、ウラノスの元にいたミオからもたらされた情報。それを元に、作戦が立案され、そして、その戦いが決着するまで。
史上最大規模の奇襲作戦を立案し、そのための下準備をする忙しい日々。しかし、その心の中にあるのは、戦いを早く終わらせ、処刑されたといわれるかぐらの安否を確かめたいという焦り。セシルは、そのバルタザールらと作戦実行への準備を進めるのだが、その言葉はある意味、純粋すぎるほど純粋な言葉。しかし、それが確実に人々を惹いていく……
その戦いに参加することとなった清顕。かつては敵として争った荒くれたち、そしてイリア。敵味方の思いはありつつも、しかし、、だんだんと意気投合していく。命知らず、死を恐れない面々との何と言えない時間の中、ふと気づくのは、自分の心。果たして、自分が本当に想っている相手はイリアなのか? それともミオなのか? さらには、ウラノスにてクレアを守りたいと願うミオは、ハチドリらの優しさに気付いて……。作中で、自分で「死亡フラグ」とか言う一種の自虐ギャグみたいな部分もあるのだけど、決戦を前に少しずつ、それぞれの面々が気付く、自分の「想い」。そんなものがじっくりと描かれた上で、いざ、決戦へ……
冒頭に書いたように、そもそもがウラノスの方が戦力がある、という状況での不利な戦い。そして、そこに投入されたジェット機という新兵器。奇襲作戦は失敗に終わるかに思われた極限の状況で命がけで情報を共有し、清顕は奮闘する……
正直なところ、この『誓約』シリーズについては、勢力そのものがかなり多くて、その関係性とかがどこなのか? と混乱する部分がなかったわけではない。ただ、それだけ複雑な関係性になったからこそ、の、「エリアドールの7人」の関係性というのが強調されたのは間違いない。そして、「英雄5人と、裏切り者2人ではない」という言葉の意味も……
多少、最終巻は急いだ感がないでもないけど、でも、これまでの集大成と呼ぶに相応しい完結編だったと思う。面白かった。

No.3977

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0