(書評)銀髪少女は音を視る ニュクス事件ファイル

著者:天祢涼



恩人である「おばちゃん」こと小野寺元警部補が毒殺された。その仇を、と願う道明寺一路巡査の前に現れたのは、銀髪の美少女・音宮美夜。音や声が色として視える共感覚を持つ彼女は、警察の手に負えない事件を専門に解決する探偵・ニュクスだった。そして、そんな美夜に対し、犯人は「ゲーム」を挑む……
これは、どういう風に評価すべきなのか悩む。
音宮美夜シリーズとして考えるのなら、著者のデビュー作『キョウカンカク』、『闇ツキチルドレン』に続く3作目、ということになる。しかし、その一方で、この作品の最後で一路とのコンビ結成ということで言うと、新シリーズの第1作という見方もできる。どちらと言うべきなのだろう?
物語としては、美夜と一緒に、「ゲーム」を挑む犯人と対峙する。次々と要求を出してくる犯人に対し、共感覚からのヒントなどでそれをこなしていく美夜。そして、犠牲者も……。そんな試練を乗り越え、やがて、その犯人にたどり着くものの、実は、その裏に黒幕がいて……。鉄板ちゃあ、鉄板の展開と言える。ただ……分量が少ないこともあって、正直なところ、駆け足な印象はぬぐえず。そして、終盤は、かなり強引な黒幕特定となってしまったような感じ。
その上で言うと、最後の最後に美夜が黒幕に対して行ったことは……ぶっちゃけ、過去の作品を読んでいないと「何なの?」ということになってしまう。だって、これじゃ意味不明としか良いようがないもの。じゃあ、それで引っ張る、とすると、今度は、私のように過去作を読んでいる人間にとって、「いや、もうわかっているから……」ということになってしまう。
正直なところ、過去シリーズから続けるのか、それとも、全くの新シリーズとしてはじめたいのか? しかし、新シリーズとしては、過去を読んでいないと「?」な部分とかが多過ぎる……と、その辺りが曖昧で、どちらも含めた結果、全てが中途半端になってしまっている感じがしてならない。

No.4023

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5556.html
スポンサーサイト

COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  銀髪少女は音を視る ニュクス事件ファイル 銀の髪の探偵
  • 銀髪少女は音を視る ニュクス事件ファイル 銀の髪の探偵 著:天祢 涼 発行元(出版): 講談社(タイガ文庫) ≪あらすじ≫ 恩人の元警官が毒殺され、第一発見者となった道明寺一路巡査。仇を討とうとする彼の前に、銀髪の美少女・音宮美夜が現れる。音や声に色が視える共感覚を持つ彼女は、警察の手には負えない難事件専門の探偵・ニュクスだった。事件を追う二人に、犯人を名乗...
  • 2016.05.15 (Sun) 22:52 | 刹那的虹色世界