(書評)屋根裏の美少年

著者:西尾維新



美少年探偵団の事務所たる美術室。団長・双頭院学の召集により、その改装を命じられた眉美たち。そんなとき、天井裏へと通じる穴を発見。そこには、33枚の絵画が。何か見覚えがあるが違和感のあるその絵画は誰が描いたのか? そして、その作者がわかったときに……
シリーズ第3作。今回は創作のターン!
ここまでのエピソードは、誘拐事件だったり、はたまた闇カジノだったり、と結構、大きな事件とかが起きていたのだけど、今回はかなりこじんまりとした印象。屋根裏部屋から発見された絵画。それは、有名な絵画から人物が消されたもの。それは一体何を描いたのか? そして、判明した作者。それは、7年前に半ば、学園を追われる形でやめた美術教師。芸術家として名は知られるが、問題教師であったその教師は、退職の直前、ある事件を起こしていた……
まぁ、これまでのエピソードと違い、過去に起きた事件を予測するというもの。しかも、ある意味、真相にたどり着かなくともよく、単純にどれだけ「美しい推理」が出来るのか? という推理合戦。それだけに、緊張感とか、そういうものは薄く、キャラクター性をメインにしたような話と言えるだろう。
メインの謎と言えるのは、学校の壁に描かれた巨大な絵画。そこに描かれていた大勢の人の絵が一夜に消された。いや、誘拐された。それは……。正直、このトリックは予想通り。というか、それしか考えられないし。まぁ、そこまでの情報で、その美術教師に対する評価とかが誰から出ていたのか? とか、そういうのを考えると、上手く構成されている、というのはわかるのだけど。
先ほどの、推理のための推理、そして、このトリックと、謎解きとしてはかなり小粒。分量的にもそうだけど、本当、かる~く読める作品と言った感じ。

No.4034

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5636.html
スポンサーサイト

COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  屋根裏の美少年
  • 屋根裏の美少年 作:西尾 維新 発行元(出版):講談社(タイガ文庫レーベル) ≪あらすじ≫ 晴れて美少年探偵団の新メンバーになった「美観のマユミ」こと瞳島眉美。団長・双頭院学の召集により美術室兼探偵団事務所の改装を手伝うはめになる。しかし、天井裏から発見された三十三枚の絵のおかげで作業は一時中断。描いた主も分からない奇妙な絵画は七年前に学園で発生した不可能誘...
  • 2016.07.07 (Thu) 20:31 | 刹那的虹色世界