fc2ブログ

(書評)サトシ・マイナス

著者:早瀬乱

サトシ・マイナス (ミステリ・フロンティア)サトシ・マイナス (ミステリ・フロンティア)
(2008/03)
早瀬 乱

商品詳細を見る


「行動を起こすのは少し待て。お前は何か忘れている。俺たちは不完全だ」 恋人のカレンとの結婚、美大への入学を母に報告しようとしたサトシの元にあったメモ。そして、その当日、意識を失ったサトシの元からカレンは消える。サトシのもう一つの人格、サトシ・プラスが目覚めた。何故、彼の人格は分かれたのか? 「完全」とは?
「もじゃもじゃしている」 というのは、この作品の中でしばしば使われる表現なのだが、読んでいる最中、私自身もそんな気持ちをずっと味わうことになった。
早瀬氏の作品は全て読んでいるが、本作はまたこれまで読んだ作品のどれとも印象が異なる。つかみどころがない、という意味では『三年坂 火の夢』に似ているような気もするが、やはり少し違う。
本作はミステリではある。ただ、殺人事件が起こる、だとか、そういう刑法上の犯罪であるとかを探るものではない。かといって、日常の謎、と言うわけでもない。物語の中心は、主人公であるサトシ自身。サトシ自身が「プラス」と「マイナス」に人格が分かれていることは序盤から示される。何故そうなったのか? その根源は何か? そして、メモにあった「不完全」とは? サトシ・マイナスの人格、カレン、サトシの友人であったオカベ、母…といった面々の視点を交え、現在・過去を織り交ぜながら進んでいく。様々な人物、時系列が出てきて、少しずつ解明とさらなる謎…という形なので、それだけでもかなり掴みどころがない感覚を味わうことになる。
「明るく爽やかな成長小説」とあるのだが、「明るく爽やか」かなぁ?(笑) いや、様々な顔、様々な面を持つ人間の多面性、そのギャップに苦しみ、自分の存在に疑問を抱く…そういう葛藤のようなもの、そして、そこでの…という辺りは理解できるんだけど…あんまり「明るく爽やか」ではないと思う(笑)
正直、様々な箇所にやたらと意味ありげに多用される太字フォントとかは、ちょっと鬱陶しい。また、終盤の展開が強引、というか、トンデモ気味になっているのも気になった。ちゃんと、まとめられてはいるんだけど…。

通算1233冊目

にほんブログ村 本ブログへ



http://blog.livedoor.jp/ebinote/archives/51261823.html
スポンサーサイト



COMMENT 2

エビノート  2008, 06. 08 [Sun] 20:13

ちょっと変わった青春ミステリという感じで楽しめました。最後はそれで良いのか?と突っ込みたくなるラストではあったけれど(笑)

Edit | Reply | 

たこやき  2008, 06. 09 [Mon] 01:36

エビノートさんへ

ちょっと終わりの部分については、「良いのか?」と思うところありますよね。
でも、特殊な設定とか、そういうのは、早瀬さんらしいな、と想いました。

Edit | Reply | 

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  サトシ・マイナス 〔早瀬 乱〕
  • サトシ・マイナス (ミステリ・フロンティア)早瀬 乱東京創元社 2008-03売り上げランキング : 311660Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 気弱な大学生・稲村サトシは、吉沢カレンとの結婚を報告しようと、自宅で母を待っていた。 とはいえ勝気で我侭な母が、?...
  • 2008.06.08 (Sun) 20:07 | まったり読書日記