(書評)ゲーマーズ! 雨野景太と青春コンティニュー

著者:葵せきな



趣味はゲーム。それ以外にこれと言った特徴もなく、かといって平凡な日常を愛しているわけでもない、文字通りの「平凡」キャラ・雨野景太。そんな彼の元に、学園一の美少女であり、ゲーム部の部長・天道花燐が現れる。「私に付き合って、ゲーム部に入ってみない?」 ゲーム好きの美少女とのラブコメ開始……ではなくて……?
あー……面倒くさい人間関係!(笑) 上に書いた話だと、主人公が景太みたいだけど、どう考えても主人公は上野くんだろ?
冒頭に書いたような形で景太はゲーム部に誘われる。しかし、そこで行われていたのは、ゲーム大会優勝とか、そういうのを狙うガチな部員たち。その雰囲気にあわないと感じた景太は、そこで入部を断ってしまう。ところが、そのシーンがなぜか、天道を雨野が振った、として話題になってしまう。そして、そのことで上野は雨野に興味を持って……
そこから、雨野と同じような趣味を持つチアキに景太を紹介した辺りから一気に面白くなった! 好きなゲームも、ジャンルも、楽しみ方もそっくり。しかし、キャラクターのイラスト、「萌え」についての意見の相違で反発しあう景太とチアキ。しかし、実は二人はソシャゲで本人も気付かずに協力し合い、チアキの作ったゲームを景太は愛好。それを知った上野は、何とか二人をくっつけようとするが……
よく三角関係とか、四角関係とか、そういう複雑な恋愛模様は言われるのだけど、この1巻の段階でも見事にこじれまくった人間関係ってのはかなり面白い。この巻の中では、かなり上野くんがまともな感じではあるんだけど……彼は彼で、ある部分を見逃してることから自分で火種を作っているし。もう、ここまで来た時点で、2巻以降が面倒くさいことになるのは確定じゃないか!
ということで、2巻も楽しみ。
っていうか、著者自身が、過去の作品のあとがきとかでも、ゲームについて色々と書いたりしているようにゲーム好きっていうのがわかり、それゆえの変なこだわりとかによる対立とか理解しているのって大きいんだろうな、と感じる。

No.4057
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT 0