(書評)七星のスバル

著者:田尾丈典



世界的人気のMMORPG・ユニオンにて伝説となっているパーティ・スバル。小学校の幼馴染で構成されたそのパーティは、それぞれの「センス」によってゲームの頂点を極めた。しかし、その一人の少女の死により、解散。そして、ユニオンもまたサービスを停止した。それから6年後、スバルの1人であった陽翔は、高校の知人により半ば強引に新生「リユニオン」へログインする。そして、そこで出会ったのは……6年前に死んだはずの幼馴染・旭姫だった……
読む前から『あの花』+『ソード・アート・オンライン』という感想を見ていたのだけど、なるほど、という感じ。ついでに、ゲーム内で死亡するとアカウント削除みたいなルールは、『アクセル・ワールド』的なものも感じたり。でも、『あの花』要素が強いかな? と……(苦笑)
ということで、物語としては、6年ぶりにMMORPGの世界に戻った陽翔は、そこで、死んだはずの旭姫と再会する。ゲーム内の死だけでなく、実際に死亡していた。葬儀にも参加したし、それ以来、人間関係にも淡白なってしまった陽翔。そんなときに……
目の前に現れたのは本当に旭姫なのか? しかし、確かに、性格、さらには知識は6年前の彼女のそれ。そして、それをきっかけに、形は違えども、6年前の面々との交流と言うのも復活していく。勿論、その中で、それぞれの立場は変わっているし、ゲーム内での能力も……。それを自覚していないのは、旭姫だけ。そして、旭姫の中にあるのは、6年前の約束……
まぁ、終盤の覚醒とか、そういうのはあるにせよ、全体的にはプロローグという印象の1巻。そして、やっぱり、『あの花』を意識せざるを得ないかな? というところ、主人公の立場とか、そういうのも近いところはあるしね。それだけに、2巻以降でどう変わっていくのか? と言うのが注目点かな? と思う。
その一方で思ったこと。
MMORPGで、一旦、死亡したらアカウントがなくなってしまう、というシステム。いくら何でもシビアすぎない?(笑)

No.4096

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0