(書評)赤毛のアンナ

著者:真保裕一



母を亡くし、施設へと引き取られた少女・志場崎安那。彼女は、その聡明さと明るさで、周囲の人々を盛り上げていく。……それから15年、彼女が男を刺して逮捕された、というニュースが駆け抜ける。志場崎安那に救われた人々は……
『赤毛のアン』へのオマージュという意味合いもあるらしいのだけど、個人的にその作品についてあまり知らなかったり(ぉぃ) 感想を書く前に、他の人の感想を読んでみると、結構、感動したとか、そういうのが多いのだけど、個人的にはそこまで、と言う感じかな?
物語は、かつて、安那の近くに居た人間が、現在、目の前で起きていることと、かつての思い出を繰り返す形で展開。同じ施設におり、子供の居ない家庭に引き取られた少女。施設の先生。安那のかつての恋人……。それぞれ、彼女の聡明さ、そして、明るさによって救われた過去を持っている。しかし、それと同時に、彼女にまつわる「悪い噂」も耳にしており、不本意な形で連絡を絶ってしまった、という後悔も同時に持っている。そして、今回の事件を契機に、安那への後悔を払拭しようとする。その過程で、彼女の過去も……
こういうと何だけど、安那のやり方、というはある意味、痛々しい。聡明なのは分かる。しかし、敢えて自分を悪い方へ持っていって、というやり方はどうにも……。過去などを考えれば、そうすることで自分を罰するとか、そういう部分もあるのだろうけど……感動と言うよりも、その痛々しさの方が先にたってしまったかな? というのが何よりも思うこと。
勿論、そんな彼女の行動によって救われた面々が、というのは感動ポイントなのだろう。……ただ、私は元が捻くれものなので、皆が安那を救おう、と集まっていく様にちょっと気持ち悪さを感じてしまったりもした。分量の関係とか、そういうのもあるのかもしれないけど、「かかわりたくない」とか、そういう存在も交えて、それでも……とかになったほうがリアリティを感じ、感動もしたんじゃないかな? とか思ってしまう。
勿論、そういうのを差し置いても光が見える結末の読後感は良い。ただ、私個人には、綺麗過ぎて、というところが残った。

No.4098

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0