(書評)無法の弁護人2 正しい警察との最低な戦い方

著者:師走トオル



有罪率99.9%。そんな刑事裁判で2連続で無罪を勝ち取ったことで一躍、依頼が舞い込むようになった本多。しかし、その依頼人と言うと……。そんなとき、本多の元へやってきたのは、その裁判で敵対した井上検事。暴行による前科もある、彼女の弟が殺人容疑で逮捕されたという。罪を自白し、防犯カメラによる映像まである、という状況の中で本田は、袂を分かったはずの阿武隈の手を借りること二なり……
てなわけで、シリーズ第2作。相変わらず、物凄くテンポが良い。
事件は、被告が勤める会社の屋上で発生。社長がそこから転落して死亡。そして、防犯カメラには、被告が突き落としているかのような映像が……。被告は、犯行を自白し、弁護のために訪れた本多に対してすら非協力的。そんなところからの巻き返し。
「人は嘘をつく存在」
そんな言葉。そして、有罪率99.9%。即ち、被告はそのまま犯罪者、という偏見。そんなところがテーマなのかな?
冒頭、被告はなぜ自白をしたのか? なぜ、非協力的なのか? そんなところの考察と、それをひっくり返す阿武隈の策略から始まり、被告について知る証言者たち。暴行による前科がある。だから、被告はどういう人間なのか? を語る証言者。確かに、被告の行動は決して褒められたことではない。しかし、では、証言者、被害者と言った存在が清廉潔白なのか、と言えば……?? そんなところが、テンポよく、決して深刻な方向にならずに描かれていくのは痛快の一言。
んでもって、今回の事件の犯人は……
防犯カメラの映像が一つのカギなのだけど、警察は、なんでそのことを疑わなかったのかな? と。検察もそうだけど。まぁ、弁護士側の視点で作品を見ているからこそ、ここは怪しいんじゃないの? と疑えるけど、逆だと……というのはあるかもしれない。というか、それこそが、今回のテーマの偏見という部分になるのかも知れないけど。
警察、検察の見落とし、というところについては正直、上手く行きすぎだと思う。
ただ、それを差し引いたとしても、テンポよく、最後まで楽しませてくれる作品であるのは間違いないだろう。

No.4109

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 0