(書評)死神の浮力

著者:伊坂幸太郎



娘を殺された山野辺夫妻は、その容疑者として逮捕されながらも、裁判で無罪判決を勝ち取った本城への復讐を計画していた。無罪判決の後、マスコミに囲まれた夫妻の元を訪れたのは、人間の死の可否を判定する「死神」である千葉。千葉は、夫妻と共に本城を追って……
『死神の精度』の続編、というか、同じシリーズ作品。実に8年ぶりに読んだのだから、何となくしか設定を覚えていなかったのは仕方がないか。それに、前作は短編集ということもあり、各エピソードごとにカラーが違っていたり、というところが味になっていたのだけど、本作は長編。それによるカラーの違いもあるのかな? と思ったり(以上、長々とした言い訳、ともいう)
娘を殺した男が無罪。しかし、犯人はあの男に間違いない。だから、復讐を!
状況を考えると、かなりシリアスな展開が待っているはず。というか、実際に、相手のことを追跡する。逆に、夫妻を陥れようと本城は次々と罠を仕掛けてくる。夫妻が「良心のない存在」と言う本城は、本当にそんな存在なのか? そんな謎で溢れた作品は、実際にシリアスそのもの。しかし、その中に、相変わらず、微妙に世間とズレた千葉の発言などが挟まれるため、良い感じに力が抜けて著者らしいカラーになっているのが「らしい」。多分、千葉がいなかったら、まったく別のテイストの作品になっていたはず。
人を殺す。いや、それどころか、相手を支配下に置き、翻弄するのが目的であるサイコパスである本城。そんな本城を殺そうとする山野辺夫妻。勿論、夫妻は素人であり、迂闊さも浮き足立ったところもある。そして、しばしば挟まれる山野辺と、父のやりとり……。そこにあるのは、「死」に対するスタンス、考え方の違い。
さらに、千葉が現れた、ということは山野辺は……。一方、本城の周辺にも別の死神がいて。その両者の判断が、終盤、分かれたときに……。正直なところ、終盤の、二人の死神の言葉から「え?」とか、それってこうなるのか? という想いが色々と浮かんだ。そして、その結末は、正直、ギャグのようになってしまったのだが(ぉぃ)
幸せな死とは? 最期とは? 死は恐るべきものなのか? それとも? 両極端な二組の存在によって、それを考えさせる作品になっているのは確か。

No.4113

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0