(書評)ガーリー・エアフォース6

著者:夏海公司



モンゴルの鉱山で、なぜか1000年以上も前のF15Jの翼の残骸が発見された。ザイの脅威が迫るモンゴルで、さらなる調査のため、慧たちは機体回収を命じられる。しかし、現地に着いた慧たちの前に現れたのは、ロシアに所属する3体のアニマたちだった……
なんか、これまでのエピソードが、新しいアニマが登場して、それに伴って慧たちが右往左往……というような感じだったのだけど、今回はその辺りが少なく、個人的にはこれまででもかなり面白かった巻に感じる。
冒頭に書いたように、モンゴルで発見された戦闘機の残骸。1000年前と言えば、平安時代。そんな時代になぜ戦闘機が? しかも、その性能はむしろ現代のそれよりも良いくらい? 一体、どういうことなのか? 調査のためにも機体を手にすることが必要。しかし、その機体を巡ってロシアも動き出しており、しかも、当のモンゴルでは親ロシア派と、親日派という対立が起きている。
まぁ、3巻のときにも、慧たちが加わった反攻作戦について、日本が勝ってザイから土地を奪い返せれば勿論、アメリカにとって朗報。仮に失敗し、日本が抱えるアニマを喪ったとしても、それはそれで対ザイ戦争における主導権争いでリードできるからOK、なんていうので人間側の事情が見えるシーンはあった。でも、今回は完全にザイという最大の敵を前にしているのに人間同士の内部抗争に明け暮れる。
その中で、ロシアの3体のアニマたち。命令もあるから、確かに慧たちにとっては敵。しかし、4巻で現れたベルクトについての感謝を非公式に訪れて感謝を述べたり、と決して敵対しているわけではない。まして、危険性を知らせるなど、ある意味では裏切りとも言える行動を取っている。それは勿論、彼女らの人間性(?)もあるんだろうけど、戦うべき相手は誰なのか? というのを明確にしているからこそ、なのかな? とも思えてくる。それに対して……
そのような中で、慧とグリペンの関係も進展。しかし、そこに違和感も……そういう意味では、話そのものも進展したってことなのかな?

No.4117

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


http://firstsnow2.jugem.jp/?eid=1490
スポンサーサイト

COMMENT 0