(書評)治部の礎

著者:吉川永青



信長の死後、天下を目指す秀吉の下で数多くの将たちを差し置いて栄達した石田三成。多くの武将達から嫌われながらも、秀吉の下で動く彼の心にあったものは……。
丁度、今年の大河ドラマが真田信繁(幸村)を主人公にした『真田丸』であり、その中でも多く登場した石田三成。その石田三成を主人公に添えた作品。一般的には、堅物で、秀吉の威を借りて正論一本槍で……なんていわれる三成。それは……
物語は、本能寺の変の直前、秀吉の備中高松城攻めから始まる。戦の場で、矢面で戦う面々と明らかにものの見方が異なることを自覚しつつ、信長の臣下から天下人へと上り詰めていく秀吉の姿から、「信用は力を持った後についてくるもの」ということを学んでいく。そして、その中で、天下泰平という大義へのために自らがすべきことを自覚していく……
何と言うか、序盤の三成は、結構、従来のイメージどおり。しかし、中国大返しから天下人へ……という流れの中、そして、天下を前に少しずつ頑迷に、明らかに衰えていく秀吉を支える中で少しずつ自らのすべきことを為すようになっていく……。他の方の感想とかを読んでいると、三成の行動にブレを感じる、とかあったけど、それも含めて三成の成長なんじゃないかと思う。
天下泰平という大義のため、明らかに無茶な忍城水攻めにおいて、自らの戦下手のせいだ、ということにすれば秀吉の名を傷つけずに済む。明らかに衰えた秀吉の無茶苦茶な主張について、敢えて自らが強行に追随し、周囲が反論させることで秀吉を操作する。これはこれで、「虎の衣を借る狐」かも知れない。でも、一方で、泰平のためには時に主君すら欺くようになっていく様というのは、その表れじゃないかと思う。
ただ、作中で三成自身が言っていたけど、それを理解してくれる者が少なかったのがそのやり方の欠点なのだろう。義、そして、理と情。このラストシーンのようなやりとりは当然、なかったに決まっているのだけど、秀吉の下で動く三成の思惑と言うのは既に家康は見抜いていたわけだし、そこから学んで幕府の方針を決めた……なんていうことでも面白かったのではないか? と言う風に思う。

No.4151

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0