(書評)いつかの空、君との魔法

著者:藤宮カズキ



酸素と同じように、人々の生命活動に精霊が必要な世界。近代化された都市・アリステルは、その精霊の活動を妨げるダスト層雲によって覆われ、人々は空の青さを知らずにいた。そして、そんな都市の生活を支えるのは、箒に乗りダスト層雲を払う儀式・グラオベーゼンの使い手・ヘクセと呼ばれる少年少女たち。そんな中、天才的な箒さばきをしつつも、上空に上がることが出来ないため「3流」と呼ばれるカリムは、幼馴染で1流のヘクセ・揺月と再会するのだが……
第21回スニーカー大賞優秀賞受賞作。
まず、最初に書いておくと……正直なところ、序盤、作品世界に入り込むまでに時間が掛かった。この感想記事では、冒頭にこんな世界観なんですよ、という粗筋を書いてみたのだけど、私は基本、文庫本についてはブックカバーをかけ、しかも、粗筋とかを一切見ないで読みはじめたのでかなり手間取った。何の説明もないままに、作中の用語とかそういうのが色々と飛び出してくるので、途中までは置いてけぼり感を強く感じた。
ただ……、そんな置いてけぼりの中で、「こんな感じか?」と言った世界観が分かってからは一気に面白くなった。
冒頭に書いたように、人々が生活をする上で、精霊という存在は必要不可欠。それが足りないと酸欠のような状態になるし、逆に多すぎてもダメ。そして、カリムと揺月、幼馴染の二人の関係に影を落としているのは、十年前に起きたある事故……
かつて、暴走して事故を起こしてしまったカリム。そんな彼を助けようとして後遺症を負った揺月。カリムは、そのことが一つのトラウマとなり、「自分のせいで……」という思想となり、揺月に対して持つのは罪悪感。故に、どうしても距離を置こうとしてしまう。しかし、揺月にとっては、そうやってカリムが距離を置いてしまうことこそが……
「助けたいから助けた。後悔はしていない」
本当、凄くテーマはシンプルで、その中での二人の関係性の揺れ動きは凄く良い。「名誉の負傷」じゃないけど、多少、後遺症が残ったって、大切な人を守れた、というのは守った人間にとっては誇りでしかない。でも、助けられた側は……
こういうと何だけど、テーマ自体は、一般小説でも十分に出来る作品のように思う。ただ、その一方で、主人公が高校生くらいの年齢で、というのがポイントになっているようにも感じる。例えば、同じようなことが起こり得る職業。消防士とか、警察官とか、そういうのだったら後遺症はシャレにならないレベルだろうし、また、設定に対するツッコミとかも多くあるだろうから……。
良い作品である。その評価は固定。
ただ、欲を言えば、序盤の世界設定の説明とか、そういうのをもうちょっとわかりやすくして欲しかった、と思う。

No.4157

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0