機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ・第26話

「新しい血」

アーブラウでの事件を経て、テイワズ直参の団体へと昇格した鉄華団。貧しい人々への支援など、クーデリアの福祉政策などが実効性を帯びてきた一方、ギャラルホルンの権威失墜などの結果、却って治安が悪化するなどの弊害も起きていた。そして、同時に、鉄華団の活躍により、少年兵の有用性が証明されたことにもなっていた……

ということで、半年振りの『鉄血のオルフェンズ』。
自分のブログでも半年振りのアニメ感想。

前期のエピソードから時間が経過している、ということもあり、現状確認という感じの印象が強かった第1話かな?


ビスケットの妹達を迎えに行く先でもテロが発生している、とか、セブンスターズの中で、マクギリスが強い権限を手にしている様子。そして、そこで彼が動き出した。
はたまた、革命の乙女として、そして、アダモス商会の社長として活躍するクーデリア。一線を退いているオルガ。
そういう状況はよくわかった。っていうか、青いスーツで髪も下ろしているクーデリアって大分、印象が違う(笑)

新たな団員も増えた鉄華団。その新しい団員をしごいているシーンは、作中の台詞じゃないけど、昔の1番組のおっさんたちソックリ(笑) でも、一応、その背景にあるのは、きっちりと鍛えることで戦死しないで欲しいという愛情。
そして、そんなときに入ったのは、クーデリアの護衛任務。初めての仕事に浮かれる新入団員だが……

前期の序盤辺りは、理想と現実の違いっていうのがあった。
即ち、福祉などと言いながら、少年兵の現実をわかってない。勿論、少年兵を使い捨てようとする悪意。そういうものを理解していない。一方で、使い捨てる側の大人と、それを乗り越えて生き残りを図る少年兵。そんなギャップっていうのがテーマになっていたんだけど……
今回は、当初の鉄華団員と、新たな団員の意識の違いかな?
例えば、阿頼耶識システムについての考え。新しい団員にとっては、手術を受けるだけでMSなどが自在に使えるようになるのになぜ? という意識がある。しかし、実際には失敗すれば廃人になってしまうものだからこそ、受けさせないという上層部の考えがある。
はたまた、実勢経験のない団員のある意味での甘えた考え。押しているんだから慌てなくともいいだろう! はたまた、モビルワーカーでMSの相手をしろ、というものに対する意識の違い。

ある意味、一緒に修羅場を潜ったからこその一体感とか、覚悟とかが初期団員にはあるんだるけど、それを新入団員に求めるのは難しいはず。
上に書いたギャップなんだけど、後者については、そもそも教えるのが難しいもの。そして、前者についても伝えなければ伝わらないもの。正直、オルガにしろ、三日月にしろ、そういう能力は低そうで……ビスケットのようなフォローをする人がいないだけに、そこが内部抗争につながりそうで怖い。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5762.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2722.html
http://howdolikemodeling.blog.jp/archives/48571751.html
http://blog.livedoor.jp/pro_g_mania21/archives/g_tekketsu2nd-001.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/10/gtk-26.html
http://104bk.blog.fc2.com/blog-entry-7115.html
スポンサーサイト

COMMENT 0

TRACKBACK 7

この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話(第二期01話)
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話(第二期01話) 『新しい血』 ≪あらすじ≫ 主人公、三日月・オーガスが所属する鉄華団は、クーデリア・藍那・バーンスタインの地球への護送からアーブラウ代表指名選挙を巡る戦いで一躍名を上げた。そしてその戦いでギャラルホルンの腐敗が暴かれたことにより、世界は少しずつではあるが確実に変わりつつあった。 アーブラウとの交渉で得たハーフメタ...
  • 2016.10.02 (Sun) 18:49 | 刹那的虹色世界
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #26「新しい血」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第26話を見ました。 #26 新しい血 「もうすぐ夜明けだね」 「あぁ、いよいよ歳星へ出発だ。そこでテイワズと盃を交わしゃ、俺らはいよいよ名瀬の兄貴と肩を並べることになる。テイワズの直系団体だ。この規模の農場だけじゃまだまだ金は足りねえ。鉄華団に入りてえって居場所のねえ奴らもわんさか集まってくる。いつかは真っ当な商売だけでやっていく...
  • 2016.10.02 (Sun) 19:40 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話 『新しい血』 膨張する鉄華団...やはりビスケット不在が痛いな。
  • 知恵袋兼慎重派兼ブレーキ役。そしてオルガや三日月と対等に話せる存在は大きかったと思います。オルガが二役、或いは晴れて副団長になったユージンがその役割を担うのか。いずれにしても代替の効かない人材だったと思いますね。 代表指名選挙の名声とハーフメタル利権でテイワズ直系団体へ。鉄華団の名声は高まりましたが、皮肉にも情勢は悪化しています。少年兵の有効性が示された事でヒューマンデブリが増加って皮肉です...
  • 2016.10.02 (Sun) 21:22 | こいさんの放送中アニメの感想
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック