(書評)スティグマータ

著者:近藤史恵



欧州に渡って5年。来年は契約を勝ち取れるか、という心配を抱えながらもチームを渡り歩く白石誓。そんな彼が耳にしたのは、日本にいた頃のチームメイトであり、今年から欧州へと渡ってきた友人・伊庭のチームに、5年前、ドーピングでツールの世界を追われた元トップ選手メネンコが復帰する、というものだった。そして、その元王者から、チームメイトであるアルギが、自分におかしなことをしないよう注意を払って欲しいと依頼を受ける……
シリーズ第4作……だよね。『キアズマ』を含めるなら、第5作。
まず最初に感じたのが、作中の時間の経過。冒頭の内容紹介で日本時代のチームメイトであった伊庭が渡欧と書いたけど、海外に舞台を移したあとのチームメイトであるミッコが今回は敵だったり、かつての敵であったニコラがチームメイトだったりと状況には色々な変化が。そして、主人公であるチカ自身が、引退というのを感じざるを得なくなってくる年齢に差し掛かっている、というのもある。その中での、ツール・ド・フランス。
物語の核となるのは当然に、メネンコの依頼の意味。チームメイトのアルギは確かに、メネンコを嫌っている。それは、ドーピングという最低の行為をしたこともあるが、それ以外にも……。しかし、チーム内でのアルギはただひたすらに真面目な選手。対するメネンコも、ドーピングには手を出したが、しかし、ブランクを感じさせない走り、さらに、難しさなどがありつつも同じ選手として魅力的に映るカリスマ性。両者に何があったのか? そして、そもそもメネンコは何のために復帰したのか? そんな謎をメインに物語が展開していく。
「スティグマー」、「聖痕」。カトリックにおいて奇蹟の顕現なんていうけど、ロードレーサーにとってのそれは文字通りに「成績」「結果」。どんなに僅差であっても1位と2位の間には大きな違いがあり、それは次期の契約と言うものに直結する。いや、それだけではない。その意味で言うと、疑惑によって、すべてを失ったメネンコは、それを失った存在でもある……
過去の作品で、レース中での生き残り、選手としての生き残り……みたいな話があったけど、これまで以上にそれを感じる。選手は永遠に選手ではいられない。しかし、選手でなくなっても人生は続く。そのとき……
多少、中盤までの謎と比べると、結末はあっけない気がしないでもない。でも、そのテーマ性などは強く感じられた。

No.4162

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-9880.html
スポンサーサイト

COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  スティグマータ/近藤 史恵
  • 自転車ロードレースの世界を舞台にした、「サクリファイス」から続くシリーズの4作目です。同じく自転車レースを扱った、「キアズマ」という作品も著者にはありますが、これは主人公がチカではないので別シリーズと考えた方がよさそうですね。 主人公の白石誓ことチカは、この作品でもフランスのチームに所属して、世界各地を転戦しています。前作となる「エデン」では敵チームの新鋭として登場したニコラが、今はチ...
  • 2016.10.05 (Wed) 00:04 | 日々の記録