機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ・第27話

「嫉心の渦中で」

鉄華団の悪魔。三日月の駆るバルバトスの介入により、状況を押し戻した鉄華団。敵は撤退したものの、テロ組織・夜明けの地平戦団に目を付けられたという事実は残る……

前回のエピソードでの襲撃は、文字通り、バルバトスの見せ場を作るだけ、だったか(笑)
ただ、その状況の中で、マクギリスから鉄華団への依頼が入る。それは、海賊・夜明けの地平戦団狩り。渋りつつも、了承したオルガ。
「目的地へ最短距離で行くため」
に……

いきなり「繋ぎ」の話になった感じなんだけど、前回のエピソードで語った感想を色々と覆すようなところが多かった、かな?

前回のエピソードで、「阿頼耶識システムの手術を受ければ……」と言っていた新人に対して、それはそのリスクを知らないかじゃないな? と書いたのだけど……
その新人・ハッシュはそのリスクは十分に知っていた。なぜなら、スラムで暮らしていた頃、絶対的に信頼をしていたリーダーがそれを受けていたから。そして、その失敗で半身不随になっていたから。そこで名が挙がったのが三日月……
リスクは十分に知っている。しかし、スラムから仲間も含めて脱するために力が必要。自分がハッシュに替わり、引っ張らなければ。そのためには……
まぁ、言いたいことはわかるんだけど、これも一足飛び、と言う感じなんだよね。
こういうと何だけど、マクギリスの依頼を受けたときのオルガの「目的地へ最短距離で」の発想。ただ、オルガにしろ、ハッシュにしても、そのリスクをどのくらいに考えているのか? というのが気になるところ。
ただ、ハッシュにとって、同じような存在だったのにオルガは出世し、リーダーは……。そして、三日月はエースパイロットとなり、自分は……。この辺りの溝って根深いだろうな……

その一方で、テイワズの中で存在感を増している鉄華団に対して、反発する存在も見え隠れ……
セブンスターズでも、マクギリスの行動を牽制する動きが出てくる。
色々なところで、内部分裂の気配が見えて、勢力図が色々と揺れ動きそう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2730.html
http://blog.livedoor.jp/pro_g_mania21/archives/g_tekketsu2nd-002.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5766.html
http://howdolikemodeling.blog.jp/archives/48614915.html
http://blog.livedoor.jp/rx_78g/archives/52169293.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/10/gtk-27.html
http://104bk.blog.fc2.com/blog-entry-7147.html
スポンサーサイト

COMMENT 0

TRACKBACK 8

この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #27「嫉心の渦中で」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第27話を見ました。 #27 嫉心の渦中で 「敵は全てこちらの索敵範囲から離脱したそうです。追撃は?」 「やめとこう。こっちも立て直すのに時間がかかる。しかし、゛夜明けの地平線団”か…」 「厄介な相手に目を付けられましたね」 犠牲者は出たものの、無事、宇宙海賊「夜明けの地平線団」を退けることに成功した鉄華団だったが、撃退したのは...
  • 2016.10.09 (Sun) 22:04 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第27話(第二期02話)
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第27話(第二期02話) 『嫉心の渦中で』 ≪あらすじ≫ クーデリアの視察に合わせた謎の襲撃。それは「夜明けの地平線団」と呼ばれる、地球圏にも手を伸ばそうとしている大規模海賊団だった。艦艇十隻以上を有する夜明けの地平線団は、テイワズ、アーブラウを背後に持つ鉄華団でも壁の大きな相手。オルガは今後、一戦交えることは避けられないと考える。 一方、鉄...
  • 2016.10.09 (Sun) 23:21 | 刹那的虹色世界
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック