(書評)黒面の狐

著者:三津田信三



戦後間もない時代。放浪の末、北九州へと降り立った青年・物理波矢多は、炭鉱夫である合里光範と出会い、彼の働く炭鉱で炭鉱夫として働き始める。炭鉱での日々の中、それなりに親しいものも出来始めた中、坑道で事故が発生・合里がそこに巻き込まれてしまう。そして、そんな騒ぎの中、炭鉱夫の一人が、注連縄で首を括られた形で発見される。しかも、目撃した子供は、そこに黒い狐の面をした者が出入りしたと言い……
先日読んだ『怪談のテープ起こし』の幕間の話で、当初は刀城言耶シリーズのつもりだったが予定を変更した。ホラーというより、ミステリーよりの物語、として紹介されていた本作。確かに、その通りだった。
こういうと何だけど、物語の中で、行動の中に現れる謎の女。深夜に鳴り響く足音や、地響きのような声……と言ったものは出てくる。ただ、それほど恐怖を煽るという感じではなく、謎解きのための題材という感じ。大体のところは合理的に説明されるし。合里の事故から次々と起こる殺人。その中で、何かを隠している様子の職員。被害者はどういう形で繋がるのか? どうやって、それぞれの密室を作り出したのか? そういう意味ではかなりオーソドックスな本格ミステリという趣。
むしろ、この作品の場合、その中で書かれた戦中戦後の炭鉱の様子、朝鮮半島との関係と言ったところがメインなのかも知れない。かつて、朝鮮半島から、炭鉱夫を日本へと送り込む仕事をしていた合里。満州の建国大学に学んだ物理。そのような中での戦場とは別の、しかし、エネルギーを巡ってのある種の「戦い」。文字通り挑戦を「併合」し、人々は「日本人」としたからこそ、朝鮮語などは公的に一切使わず、そして、故に人材が集まらない。その中での嘘なども含めての徴用と、その中で文化の違いによるトラブル……。実のところ、序盤、物理が合里に出会って炭鉱夫になってから、そのような話が多く続いて、合里の事故発生、最初の事件は150頁くらいになってから。終盤の動機などにそれが掛かっているのは確かなのだが、ちょっと長いとも感じた。
決してつまらないわけではないのだけど、もうちょっとテンポが良くても良かったかな? とは思う。

No.4177

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0