(書評)アリス・ザ・ワンダーキラー

著者:早坂吝



名探偵である父に憧れ、自らも探偵を目指すもアリス。そんな彼女は10歳の誕生日に、父から仮想空間での謎解きゲームを貰う。アリスは体感時間24時間内に5つの謎を解くことが出来るのか?
過去、『RPGスクール』って作品のある著者だけど、エロミスという方向性が主だった著者。今回は、そういう要素の無い「不思議の国のアリス」を題材にした物語。ただ、5つの謎を解く、ということもあって連作短編的な感じ。しかも、結構、色々なタイプの謎がある。
例えば第1章の謎。巨大化、縮小化を駆使して、鼠穴の向こうの部屋にある鍵をどうやって取るか? ただし、そのためのアイテムはいくらでも同じ場所で補充可能。これなんかはどちらかと言うとパズル的な話。殺人が起きるわけではないし、時間内にどうやって鍵を取るのか、ちょっと裏技的なやり方で、となるため。
と思うと、第2章は誘拐された子豚はどこに行ったのか? そして、犯人は? 子豚を自分の子供と言う公爵夫人。その子供と言い張る子豚はどこへ消えたのか? ファンタジーな世界のキャラクターだからこそ出来る芸当をポイントにしていると同時に、この作品(仮想現実世界)の世界観説明にもなっているのに感心させられる。
というような感じで、だんだんと実際の事件っぽい謎へとシフトしていって……の物語そのものの結末。
こー来たか!(笑)
アリスが名端的になることに反対し、「もっと固い職業に」という母親。確かに、探偵って「固い職業」とは言いがたい。ということで、ある種の油断をしていていたらまさかの展開。仮想空間でのゲームの世界設定を見せ付けることによって色々とカモフラージュして、思わぬところから殴りつけるようなひっくり返しに大笑い。これを「固い職業」といいますか……(笑) っていうか、ある種の探偵論にも足を突っ込んでいるし……
冒頭に書いたように、今回はエロ要素なし。でも、終わってみると著者らしい、ある種のシャレというか、皮肉と言うかそういうものが感じられる。参りました!

No.4183

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0