(書評)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか10

著者:大森藤ノ



モンスターでありながら理知を備えた存在『異端者』。ベルと別れた竜の少女・ウィーネは、同じ「異端者」たちと安全地帯を求め、旅をする。しかし、そこに現れた狩人・イケロスファミリアの面々に攫われたことにより、「異端者」はついに我慢が出来なくなり……
「やっぱり、こうなるしかないか」
9巻の感想で、「物凄い悲劇的な展開が待っていそう気がしてならない」と感想をかいたけど文字通りの展開。いや、ある意味では、予想以上だった。
冒頭にかいたように、モンスターでありながらも、人間と同じような理知を兼ね備えた存在『異端者』。モンスターの中からはそもそも爪弾きにされ、かといって、人間からも。そんなときに起きたウィーネらの誘拐事件。『異端者』は仲間を守るため、そして、誘拐犯を補足する為に動き出す。しかし、ベルたち、人間側からすれば、それは「武装したモンスターによる攻勢」ということに他ならない……
ベルとすれば、異端者たちは決して敵ではない。しかし、大方の人間とすればただの化物。しかも、理由があるとは言え、異端者は人間に反旗を翻してしまった。諸悪の根源はイケロスファミリアの行動。でも、それではすまない。ウィーネたちを助けたい。しかし、そんなベルに突きつけられるのは、「お前は偽善者だ」という言葉……
ベルとすれば、正義に従った行動。でも、そもそもベルだって「普通の」モンスターを数多く殺している。それなのに、というのはある意味で矛盾。一方、「異端者」もベルを信じたい。しかし、ベルもまた人間……
今回の物語、悲劇のヒロインとして逝ったウィーネしか救われていない、と言うのが辛い。自らの信念を貫いたベルは、モンスターに組した存在としてオラリオでの評判は地におち、アイズとも敵対する関係に……。勿論、異端者たちも大きな傷を負うことに。
前後編の後編。一つの事件は終わったのだけど……シリーズとして続いていくことを考えると、全く「終わっていない」んだよな……

No.4213

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0