(書評)雪煙チェイス

著者:東野圭吾



三鷹の住宅で老人が殺された。以前、犬の散歩係として雇っていた大学生が付近で目撃された、という証言を元に警察はその大学生・脇坂竜実を容疑者と見てその行方を探る。一方、自分が警察に疑われているらしいと知った竜実は、事件があった頃、ゲレンデ外で出会った女性を探すことにして……
白銀ジャック』、『疾風ロンド』に続く実業之日本社文庫書き下ろし作品第3弾。勿論、今回もスキー場を舞台にしている。
今回の物語は基本的には2つの視点でつづられる。警察に追われることになった大学生の竜実が、友人の波川と共に、自分のアリバイを証言してくれる女性を探すパート。そして、上司の命令もあり竜実を捜すものの、どうにも竜実が犯人と思えない刑事・小杉のパートで展開する。
正直なところ、このシリーズ(?)って、テンポの良さと、良くも悪くも軽い、ツッコミどころの多いギャグ的な部分を含んだ作品を出すものだと思っている。そして、実際、そんな感じの話。
だって、上に書いたけど、竜実を追う刑事の小杉。一応、容疑者の一人とは思っているけど、本部、捜査一課を出し抜いてやれ、という上司のスタンドプレーに付き合わされている形なのでそもそもウンザリ感満載。しかも、調べるうちに竜実への疑惑が薄れていくので余計に。
シーズン中のスキー場。周囲はスキーウェアにゴーグルなんていう格好の人があふれているため、そこから誰かを探す、ということの困難さ。ウェアやボード、スキー板などの目印はあるけど、それはちょっと着替えたりればすぐに身を隠せる。そんな状況というのを使ったある意味、ワンアイデアで長編を一本、書いてしまうのだから流石というべきなのだろう。
まぁ、ひっくり返しとか、そういうタイプの作品ではないし、また、犯人については意外性がある、というよりも、いきなり出てきただけで警察の捜査が杜撰なだけ、ってことにはなってしまう。個人的に、そういうところには最初から期待せず読んだので、軽い作品として楽しむことができたのだけど、そうじゃない人は期待はずれ、と感じるんだろうな……。WEB上での評判とかを見ていてそんなことを思った。

No.4224

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5873.html
スポンサーサイト

COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  雪煙チェイス
  • 雪煙チェイス 作:東野 圭吾 発行元(出版):実業之日本社 ≪あらすじ≫ 殺人の容疑をかけられた大学生の脇坂竜実。彼のアリバイを証明できる唯一の人物―正体不明の美人スノーボーダーを捜しに、竜実は日本屈指のスキー場に向かった。それを追うのは「本庁より先に捕らえろ」と命じられた所轄の刑事・小杉。村の人々も巻き込み、広大なゲレンデを舞台に予測不能のチェイスが始まる!どんでん返し連...
  • 2017.01.18 (Wed) 20:32 | 刹那的虹色世界