(書評)優しい街

著者:新野剛志



探偵業を営む市之瀬が、政商と呼ばれる黒川から受けた依頼は行方をくらませた高校生の娘を探してほしい、というもの。その少女・由は、自らの裸などを乗せたツイッターの裏アカウントを持っていた。市之瀬は、そのアカウントをヒントに由を探し始めるが……
なんというか……「懐かしい」という感じがする。自分が利用している読書メーターとかで、他の人の感想を読んでいると、「『あぽやん』シリーズとかで著者を知って読んだけど、ぜんぜん違っていてビックリ」みたいな感想があったのだけど、私とすれば、こっちこそ、著者の作品のイメージ。デビュー作から、こういう路線の話を書いていたのが著者だし。
性的な内容を登校する裏垢を持っていた由。そのアカウントとやり取りをしていた相手をまずは探る市之瀬。ネカマをし、由と連絡している面々を呼び出し、そして、その相手を探る。その中で、由を見つけるが……、直後、由は何者かに殺されてしまう。そして、市之瀬は、その犯人を追うことに……
一応、ネタバレにはなるけど、3分の1くらいで由が見つかり、殺されて、でそこからが本番なので……
復讐のため、ある人物を探していた、という由。その相手は誰なのか? さらに、そんな事件になぜか絡んでくる暴力団やら、というのが絡み、由は何か地雷を踏んでしまっていたのか? そもそも、復讐とは何なのか? というようなところへと転がっていく。
いくつものアカウントを使い、しかも、自らの裸などもさらして周囲のを気を引く、という少女の気持ちは……理屈としては理解できる。しかし、実感としては、というと「?」。そして、それがメインだ、というのならばまだスッキリするのだけど、そこに暴力団やら政治家やらといったものまで絡んでくる上に、実際のところ、登場する人物がそれぞれ複数のアカウントを使っていて、実はこのアカウントはこの人のものでした、的なところが繰り返されるために、なんかテンポが悪く感じられた。初期の著者の作品の感想でも書いたのだけど、なんか、結末から見ると風呂敷の割にせせこましい人間関係で終わっているんだよな……。それを本作でも感じた(これも、ある意味、懐かしい、という感じなのだけど)
市之瀬自身の「友絵」との関係とかもイマイチ不明瞭だったり(想像はできるが)、やや、消化不良感アリ。

それはそれとして、本作の謎解きは、常にツイッターでの発言とかそういうのがポイントとなり、その専門用語(?)というのが溢れている。自分自身、ツイッターアカウントを持ち、このブログで記事を更新すると自動的にそこで宣伝……なんてことをしているので、「そうだよな」というのはわかる。
ただ、ツイッターの隆盛もそんなに長く続くと思えない。
そのとき、この作品は「古臭い」という印象になるんじゃなかろうか? というのを思う。

No.4234

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0