(書評)金色機械

著者:恒川光太郎



江戸時代。とある遊郭の創業者・熊悟朗の元へ一人の女が現れる。遊女になりたいわけではないというその女、遥香は、熊悟朗にあることを願う……
第67回推理作家協会賞受賞作。
著者の作品というと、『スタープレイヤー』シリーズとかはちょっと違うのだけど、『夜市』など、現実的な世界と地続きで異世界が広がっている、というような世界観が得意という印象。そして、その世界観の構築方法を「江戸時代」という時代に持ってきたのが本作なのかな? というのがまず思ったこと。
冒頭に書いた2人の人物。熊悟朗は他者の発する殺気を察知するという特殊な能力を持っている。一方、遥香は、「殺そう」という思って相手に触れるとその人物を殺すことが出来る。そして、そんな人々を結ぶ存在としての金色様。
幼い頃、親に殺されそうになったところを山賊に助けられ、その山賊の屋敷で働くことになった熊悟朗。そこでは、幼い娘を攫ってきては、遊女として飼うことを生業にしている。一方、街の医師の養女として育った遥香。彼女は、赤子の頃、何者かに母親を殺され、その殺した者を探してほしいと同心である厳信を金色様から紹介される……
多数の視点で、しかも時系列を何度も入れ替えながら描かれる物語は、金色様の存在がどのようなものだったのか、という百年以上も前の物語から、さらにそれぞれの章の主人公たちの数奇な関係性を少しずつ解き明かしていく、という形で展開していく。こういうと何だけど、先に書いた特殊能力を持つ主人公、という存在はある。けれども、彼らもじゃあ、圧倒的な力を最初から持った存在だったのか? といえばそうではないし、当然、悩みなどもある。まして、その周辺にいる人々は……。
ある意味、科学などが未発達で、しかも、まだまだ未開な土地も多かった、という江戸時代であれば、「もしかしたら」と思わせるものがあるし、まして、その運命の変遷は文字通りドラマティック。敵も味方も、善も悪も、それぞれ時の流れの中で交じり合って行ってしまう。そのテーマが貫き通されていたのは間違いない。その辺りの計算も見事だった。
……と書いていて気づいたのだけど、考えてみると江戸幕府というのも、もともとは、足利氏を信長が追放し、その信長の死後、勢力を秀吉が奪取。そして、秀吉の死後今度は、豊臣を家康が滅ぼして作った政府。ある意味、悪辣な行為の連続の末に生まれた時代。しかし、それによって長らくの平和とう「善」ももたらしている。その辺りも舞台にした理由なのだろうか?

No.4239

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0