機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ・第37話

「クリュセ防衛戦」

モビルアーマーの子機にまとわり疲れ、危機に陥ったライド。三日月の駆るバルバトスは、間一髪、その危機を救うのだが、直後、バルバトスに異変が……。一方、進路を変えたモビルアーマーをひきつけようとした昭弘にもまた異変が……

すっかり1週間遅れになってしまった感想。
夕方の放送で追いつけばOKかな?

今回のポイントは2つかな?
一つ目は、モビルアーマーの恐ろしさのさらなる点。システム上、ガンダムフレームのリミットを越えるようにし、結果、その動きを封じてしまう。ある意味、ガンダムフレームのリミッターって、安全装置なのだろうから、ソレを外すっていうのは、当然、搭乗者に負担を強いるってことになるんだろうけど……
今だって、搭乗して鼻血を出したりしているわけで、それを外したら……とはなる。

もうひとつが、オルガの立場。
そんなことがわかっているから、三日月を出さないよう言うオルガ。しかし、三日月は……
「最短距離で目標へ向かう」
そのためにはマクギリスに貸しを作り、「便利なコマ」になることは避ける必要がある。そのためには、部下を危険に晒す決断だって必要になるはず。でも、その覚悟を持っていたか、というと……。
勿論、目の前にあるのはモビルアーマーだけど、マクギリスとの関係、さらにテイワズとの内部抗争も待っているはず。その意味で、今後、オルガが非情になりきれるのか? っていうのは試金石になりそう。



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0