(書評)鬼の蔵 よろず建物因縁帳

著者:内藤了



山深い寒村の旧家・蒼具家では「盆に隠れ鬼をしてはならない」という言い伝えられている。その土地が、村に寄付され、道の駅にしようという計画が持ち上がる。広告代理店に勤務する高沢春菜は、その蔵の移転工事の下見に訪れるのだが、人間の血液で「鬼」と書かれた土戸を発見する。春菜は、因縁物件専門の曳き屋・仙龍とともに、その因縁を探るが……
何というか……進めど進めど、先が見えない闇、といった感覚を覚える。
冒頭に書いたように、物語は旧家の蔵にまつわる因縁を探る形で始まる。盆に隠れ鬼をしてはならない、という言い伝えがある。そして、明らかに何かがある痕跡。実際、その言い伝えのように不審な死を遂げた者が過去に何人もいる、という事実。しかも、それぞれの死に様には共通点がある。さらに、庭には菊が植えられ、大量の風車が……
過去の事件の状況。そして、村そのものがどういうものだったのか? そういうものはだんだんと明らかになっていく。しかし、その蔵にいる「オクラサマ」なるものは一体何なのかよくわからない。そして、よくわからないながらも、その「専門家」たる仙龍は強い危機感を抱き、春菜にとっては法外ともいえるような対策の費用を要求してくる。一方で、道の駅の建設などを巡って、計画を進めよ、という要求も迫ってくる。
調べても調べても先が見えない深遠さ。一方で、そんな春菜の危機感などそ知らぬ現実的な問題。現実的な部分が妙にセコセコしているのだけど、そのギャップというのも、この蔵の因縁の深さを感じさせる要因になっている。
まぁ、でも、祟りだ何だ、というのはフィクションにしても、山深く、畑や田を十分に作ることも出来ない村。そこで生きていくための残酷かもしれないけどせざるを得なかった風習。ある意味、憎まれ役を買わざるを得なかった村の長。そういうことはあったのだろうな……
これだけ引っ張った割にまとめ方がちょっと急だったかな? と思うところはあるものの、どんどんと深みにはまっていくような感覚は見事の一言。面白かった。

No.4248

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT 0