(書評)友達いらない同盟

著者:園生凪



「友達」=「こいつになら、殺されても仕方ない」。友達について、そんな定義で語る新藤大輔。クラスに友達は誰もおらず、別のクラスに一人だけ。そんな大輔に、クラスメイトの澄田理沙が声をかける。「わたしと、同盟を組んでください」 ノートの貸し借りや、困ったときに協力するのが同盟だという。大輔と同じく、友達がほしくないから大輔に声をかけたという澄田だが……
第5回講談社ラノベチャレンジカップ佳作受賞作。
昨年末、twitterでのやり取りの中で、「本達は荒野に眠る~まだ見ゆ最果てへ~」の夏鎖芽羽さんにお勧めいただいた作品。夏鎖さん、ありがとうございます!
この作品、どうしても『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(渡航著)シリーズが頭に浮かんでしまう。このシリーズ自体が、『僕は友達が少ない』(平坂読著)などの影響を感じる部分があるだけに、系譜というのを感じる。
で、物語のほうだけど、学校という閉鎖空間。そして、その中での「強さ」っていうのは何なのか? というのをすごく感じる。
「学校において別に友達はいらない」 いうのは簡単。でも、澄田が「同盟を組もう」と持ち掛けてきたようにいないと色々と不便。まぁ、ノートの貸し借りは、普通に授業を受けていれば、という気もしないではないが、グループ学習であるとか、何かと複数人で作業をさせることがある場所。しかも、その価値観があふれるので、できないとそれを「欠点」として指摘される。それを防ぐには……
決して、皮肉屋であるとか、そういうわけではない。けれども、ある意味、歯に衣着せない物言いで、ストレートに本音をぶつける大輔。だからこそ、周囲に嫌われるけど、でも、それを気にしない。そして、それを実感しつつも、己の正義のために行動する実行力がある。そんな大輔って本当に「強い」存在と感じる。その大輔と同じように見える澄田。でも……
主人公は大輔なのだけど、澄田の気持ちというのはすごく共感できる。あまりにも「強い」大輔。そんな大輔のようになりたいと思いつつも、それをすることができない(実際にそうやったら、嫌われるだけじゃなくて、嫌がらせなど、イジメなども起こるだろうし) 身近な存在になったからこそ、余計にそれを感じてしまって……という終盤の思いは、すごくわかる。
派手なところはない。けれども、いや、だからこそ、大輔の強さ、澄田への共感、それをじっくりと感じることができる作品になっていると思う。
……そして、城ケ崎について何も書かない自分(笑)

No.4251


にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT 0