(書評)妹さえいればいい。6

著者:平坂読



告白一つで人間関係がまるっきり変わってしまうことはない。けれども、その告白によって少しずつ関係は変化し始める。その一方で、伊月は、自らの作品のアニメ化というなかで多忙を極めていた。そして、そんな伊月の姿に那由他は……
てなわけで6巻目。前巻で告白の連鎖状態で終わったわけだけど、それを受けての人間関係の変化。一方で、伊月の作品のアニメ化に伴うお仕事部分。両方が庁といいバランスで盛り込まれている巻だと感じた。
まずお仕事方面でいうと、やはり伊月の作品のアニメ化に伴うアレコレ。アニメのキャストオーディションでのアレコレ。同じセリフをたくさん聞きながら、誰がキャストにふさわしいかを考える。でも、ただ「ふさわしい」だけで終わらない。アニメだけでなく、主題歌や挿入歌といった歌での展開。さらに、ラジオなどでの展開もある。キャストによっては歌NGとかがあるし、音楽会社との関係で権利関係が……ということも。それは、絶対にあるだろうし、また、そのうえで、スタッフと事務所の関係とか、そういうものまで……。先日、某アニメについての暴露話を目にしたばかりだけに、妙に生々しいものを感じた。
そして、そんな中で出てくる「フレッシュ」という言葉に気を付けろ! というもの。色のついていない声優を使えば。そこで成長してくれれば……。確かに、そういうと聞こえがいい。でも、結局、それって実績も演技力も足りない人を起用する、というだけ。作家の側からすれば、「なんで、俺の作品を新人の踏み台に提供しなきゃいけないの?」という思いは絶対にあるだろうな……
一方で、告白の連鎖の中で「振られた」面々。事後、だからこそ、それぞれの気持ちに周囲が気づいていたことなどを知り、その関係に変化の兆し。
その中で、那由他は……
というか、那由他って、伊月視点での話が多いから、社交的……というか、少なくとも人見知り的なイメージはなかった。でも、実は……。そして、伊月の作品のアニメ化での展開に触発され……。なんか、この流れでいうと、すでに人間関係の結末が出来上がっている気がするのだけど……それはいいのか? まぁ、千尋のことを伊月が知って、ってのは大きなポイントになりそうだけど……
ぷりけつ先生については……コメントを差し控えようと思う。彼こそが、千尋についてのポイントになりそうだとは思うが。

No.4257


にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0