(書評)ディエゴの巨神

著者:和ケ原聡司



新大陸の発見、そこへの入植。新世界への動きに沸き立つ海洋王国スピネイア。そんな時代、密かに禁忌とされる陰陽術の研究に明け暮れる青年・ディエゴは、その研究の出所を疑う少女による襲撃、さらに彼の研究を教会に疑われ、やむなく悪友のアルバロと共に新大陸へ渡ることに。黄金の大樹がそびえ、巨神が入植者の行く手を阻むそこで、ディエゴは不思議な水に守れた一人の少女と出会い……
『はたらく魔王さま!』シリーズでおなじみの著者の別作品。『はたらく魔王さま!0』シリーズ(?)では、相手の裏をかいて……とか、戦略などを用いての戦いを描いているのだけど、本作は、そんな雰囲気をより強く出したファンタジー作品に仕上げた印象。
ただ、ファンタジー作品とはいえ、あとがきでも示唆されているような、歴史上の時代、大航海時代を題材をモチーフにしているのが強く感じられる。その意味では、支倉凍砂氏の『マグダラで眠れ』シリーズのような感じもする。
自らの手で守ることができなかった少女・ローズのことを悔い、彼女を取り戻したいという思いで陰陽術を研究していたディエゴ。彼の思いの裏にあるのは、入植者のリーダーとして、現地の人間を多く虐殺した父の存在がある。父の行動に対する反発、ローズのような存在を作りたくない、という思い。ゆえに、水に守られた少女を解放し、拷問してでも巨神を、という父らを裏切り、新大陸で反乱者となる。そんな思いを、原住民である(冒頭の襲撃者である)ローゼンに協力を申し出るが……
個人的にはファンタジー要素よりも、その中でのディエゴの思い。しかし、巨大な力を持つことの厄介さ。そういう部分に読みごたえを感じる。
巨神という圧倒的な力により、奴隷制度を廃止させてしまえばよい、というディエゴの純粋な思い。しかし、ローゼンらが言うように、力に対して理想は誰もが共感するわけではない。その力を使えば、さらなる略取への道が開けてしまうし、人々の安定を破壊することにもなりかねない。その一方で、現地の人々を虐殺してきたディエゴの父。しかし、本国が教会との対立により苦境に立つ中、自分たちが生き残るには新大陸から資源を得るしかない。また、そうしなければ今度は自分たちが、という部分もある。
こういう作品だと、主人公=正義、みたいな感じになりかねないのだけど、世界史における虐殺とか、そういうものも見方を変えると……というのはよくあるわけで、本作のテーマもそこにあるんじゃないか、と思う。
ファンタジー世界の設定とか、そういう部分について100%、自分が把握し、そちらを楽しめた、という実感はない。これは、もともと、あまりファンタジーものとかが得意とは言えない自分自身の趣向もある。でも、そこを差し引いても私は、この作品は面白かったと結論付ける。

No.4264


にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0