機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ・第40話

「燃ゆる太陽に照らされて」

ギャラルホルンから違法組織として認定されてしまったタービンズ。テイワズからも見放され、自ら動くこともできないオルガは懊悩する。そんなとき、オルガの前に現れた団員は……

違法組織であるタービンズを狩るためにアリアンロッド艦隊を率いて現れたイオク。
対して、テイワズに杯を返し、孤立組織となったうえで、「民間人」である女たちを脱出。自らの命と引き換えに救おうとする名瀬。
そんな中、鉄華団のとったのは……

戦闘空域付近で演習をする。すると、そこでアリアンロッド艦隊とタービンズの先頭に遭遇。
そこで、「民間人の救出」を担当した。
というシナリオでタービンズ救出をもくろむ。
あくまでも「民間人を」なので命令違反にならない。
……建前って怖い(笑)

なんだろうな……この名瀬&アミダの散り際の格好良さと、イオクの株のダダ下がりっぷりは……
一人で死ぬ覚悟を貫いた名瀬と、彼の周囲に漏らした嘘を見抜き、最期まで付き合うことを選んだアミダ。最期まで名瀬を守ったアミダと、その思いに応え、イオクに一矢報いた名瀬。悲劇ではあるが格好良い。
そして、そんな中で一気に株を下げまくったイオク。
なんていうか、これまでのイオクってバカだけど、部下を守る。戦闘などでも独断専行ではあるけど、それなりに筋の通った行動。
ところが、今回はその冒頭から非戦闘員の輸送船を相手に、禁止兵器を用いての先制攻撃。そして、降伏の意思を示した相手にとどめの攻撃。どう考えても筋が通っていないんだよな……
「非常に徹しなければ」
というイオクのセリフがあったんだけど、それはどこからの受け売りなんだろう? これまでの言動を見ていると、どちらかというと情に厚いタイプだし、そういうっていうこと自体が、本来は……っていうのを示している。となると……と……

名瀬とアミダの株を上げるため、相対的に、ということはあるんだろうけど……
ここに説明があると嬉しいかな。




にほんブログ村



スポンサーサイト

COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話(第二期15話)
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話(第二期15話) 『燃ゆる太陽に照らされて』 ≪あらすじ≫ 危機に陥ったタービンズへの救援を止められた鉄華団。名瀬の思いを受け止め自制するオルガだったが…。 (公式HP あらすじ より抜粋) ≪感想≫ 名瀬とアミダ姐さんが逝った、か。 こういうとアレだが、ある意味で予想通りだった。あそこまでフラグ立ててればね。二人の...
  • 2017.01.29 (Sun) 19:19 | 刹那的虹色世界