(書評)あなたのための誘拐

著者:知念実希人



「人質を殺されたくなかったら上原慎吾を呼ぶんだ」 身代金5000万円を要求する女子高生誘拐事件。ゲームマスターを名乗る犯人が要求したのは、4年前、誘拐事件で身代金の輸送に失敗し、被害者を死なせてしまった元刑事を呼ぶこと。4年前の事件の犯人は、その後に自殺したはず。今回の犯人は模倣犯なのか? それとも……そして、犯人の目的は……
物語は2部構成になっている。
第1章は、冒頭に書いたように、上原が誘拐犯からの指名で今回も身代金の輸送係に。次々と出される問題。時間に間に合わなければ、人質は……。間一髪でそれをこなしていく上原。その課題は、単に謎を解くだけではない。自らの秘密を別れた娘へ伝えるように強要されたり……。そもそも、上原が関わっていることを知っている、というだけでも異常なこと。そして、その言動は、まさしく4年前の犯人に思えるが……
そして、そんな事件が一区切りついての第2章。病の身体を引きずりながらゲームマスターを追う上原。もし、今回の犯人が4年前と同じだとすれば、自殺したのは……。そして、そこからだんだんと被害者とのつながりも見え隠れして……
とにかく、テンポが物凄く良い。400頁ちょっとの分量があるのだけど、冒頭の誘拐、犯人の指示で右往左往させられる場面で一気に物語に引き込み、そこから最後まで一気に駆け抜けていく。犯人のなぞなぞのような謎を……、それをあっという間に、というのは先日読んだ『時限病棟』のそれにも近く、そんなに簡単に解けるか? と思うものもあるのだけど、直接、犯人とやり取りをしている緊張感でそういうのをあまり感じない分、こちらの方が素直に受け入れられた。そして、ゲームマスターは誰なのかを探る後半、誰もが怪しく思えてくる、という構成もまたいい。
まあ、正直なところ、もうちょっと警察がちゃんと捜査していれば、とか、そういうのはある。そもそも末期癌に侵された上原がそんなに元気に動き回れるんかいな! とか、そもそもゲームマスターはそこまでの細かい情報をどうやって手に入れたのだろうか? などなど……細かく見れば色々と「?」と思える部分があるのは確か。
そういう意味で、どちらを重視するのか、で評価が割れるんじゃないかと思う。
テンポよく畳みかける展開で駆け抜ける物語を楽しめた、という評価なら良い作品だろうし、細かいところがいろいろと無理があるんじゃないか、と思えば後者だし。私自身は後者の部分も結構、気になったのは確か。でも、テンポの良さでぐいぐいとひきつける物語に魅了されたので、気になるところはあるけど面白かった、という評価になるかな、という感じ。

No.4281


にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0