(書評)首折り男のための協奏曲

著者:伊坂幸太郎



被害者の首を一瞬にして捻って殺す殺し屋・首折り男。泥棒である黒澤。二人の登場する物語を収録した短編集。全7編を収録。
裏表紙の粗筋を見ると、連作短編集のように見えるのだけど、元々、バラバラの話を集めて緩やかに結びつきを付けた、というだけであまり連作感はない。なので、各エピソードの感想を。
1編目、『首折り男の周辺』。テレビで見た殺人犯と、隣人がそっくりと気づいた若林夫妻。気が弱い男は、突如、怪しげな男に、ある人物の替え玉になるよう求められる。そして、イジメにあっている少年は、大柄な男に出会う……
タイトルに「周辺」とあるように、物語の中心にいるのは首折り男。隣人を疑う中で思わぬ言葉でハッとした夫妻。自分そっくりな男が殺し屋である、妙な自信を持つ男。そして、その男の存在でやはり勇気を振り絞れた少年。首折り男自身の奇妙な魅力、というのを感じられるエピソードと言えるだろう。
3編目『僕の舟』。黒澤に、昔、数日間だけ付き合いがあった男を探してほしいと依頼した老女。その中での思い出が語られるのだけど……その男は……。ただ特定の場所で会話をするだけの関係だからこそ、の嘘。その結末は何となく予想ができたのだけど、ちょっとした見栄が互いにその正体を見えなくする、というのがいかにもありそうでリアルだった。まぁ、そんな偶然なんて、って言っちゃったら何だけど(笑)
純粋な面白さだと『人間らしく』。塾のクラスで、突如、クラスメイトから暴行を受けるようになった少年。一方、黒澤は、知人の作家からクワガタの飼育についての説明を聞く。ケージの中で飼い、どの個体とどの個体を一緒に飼うのか? そして、その中でトラブルが発生したときは飼い主が何とかする。ただし、仕事の傍らなので全てを見ているわけじゃない。塾での出来事と、クワガタの飼育を上手く組み合わせた形が素直に上手いなぁ、と感じる。また、『相談役の話』は詳しいことは省くけれども、何かこういうオチの話を著者が書くのは珍しいな~、ということで印象に残った。
黒澤以外にも同じ人物は登場していて、それを結び付けた部分はあるんだけど、そこはあまり期待しないで読んだ方がいいかな? というふうに思う。

No.4314


にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0