(書評)望み

著者:雫井脩介



ベッドタウンに暮らす石川家。建築デザイナーの父・一登と、校正の仕事をしている貴代美。高校生の息子・規士と、中学生の娘・雅の四人家族は、ごくごく普通の平和な家族……のはずだった。9月のある週末、息子の規士が帰宅せず、連絡も途絶えてしまった。そんなとき、ニュースで流れたのは、同じ市内で高校生の遺体が発見され、そこから同年代の少年2人が逃亡したというもの。そして、その被害者は、中学時代、規士が入っていたサッカーのユースチームの仲間で……
こういう言い方は何だけど、すごい作品を読んでしまった! 素直にそう思った。
冒頭に書いたように、事件は、ごくごく普通の家族のもとへ訪れる。行方不明になった息子。そして、不安を覚えずにはいられない事件。確かに、続けてきたサッカーを辞めて以降、これまでとは印象が変わった部分はあった。夏休み、無断で外泊したことも何度かあった。でも、そんな恐ろしいことをするような気質ではない。物言いはぶっきらぼうだけど、何かあれば手伝いなどもちゃんとしてくれる。そんなことはしないはず。でも……
この作品の何がすごいのか、というと、舞台が変わるとか、主人公である一登、貴代美夫婦が調査に動き出す、とか、そういうものがない。つまり、大きな動きがあるわけではないのに、それでも続きが気になってどんどん読み進めることができる、という点だろう。
事件が起きて、警察に捜索届けを出した。しかし、警察は何も教えてくれない。周囲には次第にマスコミが。何も知らないままに、周囲の雰囲気は、息子が事件を起こしたのではないか、という疑惑へ。自分たちに調査を行う術はない。せいぜいできるのは、ネットで調べるくらい。しかし、そこには本当かどうかもわからない情報があるのみ……。そんな状況で、夫婦、雅の気持ちは揺れ動いていく……
自分の息子がそんなことをするはずがない、と信じる一登。それは確かに、息子に対する信頼というのもある。しかし、同時にある種の保身という気持ちもある。会社から独立して作り上げてきた自分自身の実績。もし、息子が犯罪者なら、そんなものが全て失われてしまう。ただ一方で、息子が被害者であるとすれば……。一方で、妻の貴代美が最初に望むのは息子が生きていてくれること。確かに、息子が殺人なんて、という気持ちはある。でも、生きていてくれればやり直しが不可能ではない。もし、夫の仕事がダメになっても……決意をするのだが、でも、それは真に息子を信じていない、ということも意味してしまう。そして、娘の雅。名門校を目指し、必死になって受験勉強をしているときに降ってわいた騒動。自分がこんなに頑張っているのに、兄のせいで……
ある意味、石川家の残された3人の気持ちはある種のエゴがあり、自己矛盾もある。でも、信じたい気持ちもあるし、一方で、自分たちの現実の生活というものもある。それ以前の問題として、何も正確な事実が分からない中、それぞれ手探りで気持ちの整理をしようとしなければならない、という状況もある。現実に、これまでの平穏な日常は消えつつある。そんな家族の面々の心情の変化が、すごく生々しく描かれていて、実際、こういう立場に立たされたら……そういう気持ちにならざるを得なかった。
結局、どちらだったのか?
それについては完全にネタバレになるので書かない。でも、決して幸福な結末ではない。勿論、それはもう1つだったとしても同じだろう。そのときは、石川家の面々はどのように受け止めていたのだろうか? そういう余韻を残す。
終盤にある台詞。
「こういう事件に関わって不幸じゃない人なんているんでしょうか」
それが全てを現しているのではあるまいか?

No.4317


にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0