(書評)テロリストの処方

著者:久坂部羊



医療費の高騰により、事実上、国民皆保険制度は崩壊。両立な医療は金持ちだけのものとなり、結果、医師もまた、金持ちを相手に破格の収入を得る「勝ち組」と、経営難に陥る「負け組」に二分化されることとなった日本。そんな世を騒がせるのは、「豚に死を」というメッセージと共に勝ち組医師を狙う連続テロ。全日本医師機構の総裁として、ネオ医療構想を掲げる狩野のもとにも脅迫状が届く。狩野と同級生である医療ジャーナリストの浜川は、テロの首謀者を疑われる医師・塙を追うのだが……
最近は、『悪医』とか、『老乱』など、ミステリー要素がほとんどなく、医療の問題をストレートに描いた作品か、『嗤う名医』とか『反社会品』のような医療に纏わるブラックな短編集を発表していた著者だけど今回はミステリー展開と医療問題を絡める初期の作風へ回帰したような印象。
医療「も」含めて、福祉財政が膨らみ続けていて、その破綻が見え始めている、というのは以前から言われていること。この作品では、国民健康保険の保険料が増額に次ぐ増額で、入ることができない人が非常に多い、というのが前提になっている。これ、この作品では医療費だけど、例えば、国民年金などについても同じような状況が続いている。結果、完全に二極化する、っていうのは十分にあり得る状況だろう、とも。そして、その状況に不満を持つものによるテロなども、あるのかもしれない。その辺の状況については十分にリアリティがある。
そして、その打開策として狩野が掲げる「ネオ医療構想」。医療費の高騰は、無能な医師が診療点数を稼ぐために、ダラダラと治療を続けているから。だから、医療点数制度を廃止し、年俸制にすることで無駄な治療をなくす。また、医師免許を更新制にした上で、高度な医療をできる免許と、標準医療だけできる免許に細分化する。そして、不適格とされた医師には再教育を行う。
まぁ、医療費の高騰をどうにかせねば、これ自体はその通りだけど、これ、よくよく考えるとその端緒は日本でできているよなぁ、という印象。例えば、入院患者は長期入院になると診療点数が下がるから、病院のたらい回しなどが起こる、とかね。それをさらに……。ただ、患者目線として考えれば、定期的に医者のところへ行って、見てもらうっていうのは「安心」につながるとかってのもある。そこを軽視していいのか? とか、そういうのをどうしても思う。そして、作中でのネオ医療構想は、目的から外れて暴走を始めて……。この不適格な医師が何なのか? とか基準があいまいなだけに、っていうのもあり得るのだろう。この辺、著者らしく極論になっているのは感じたが。
と、これだけ書いておいて、物語のメインは実は浜川の塙探し。テロの首謀者は塙? ということで、彼の行方を探すのだが、ホームレスの遺体が発見され、それが塙であると発表される。でも、それに納得できない……。そもそも、本当にテロリストは塙なのか?
こっちは、結構、手堅くまとめた感じ。正直、トリックとかは予想できる範囲だし、真犯人については終盤にいきなりとってつけたように設定が出てきて、という感じもある。ただ、著者の、謎解き部分を主にした作品って最後がグダグダなまま、っていうのがあるだけに、予想通りでもちゃんと着地したのは評価したい。
まぁ、このままだと医療体制が大変なことになりますよ、という問題提起には成功しているかな? ただ、それ以上、深く掘り下げている、とも言えないのかもしれないが……

No.4319


にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0