機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ・第46話

「誰が為」

シノの放った逆転の一撃はしかし、外れた。動揺するオルガを余所に、シノの作ったチャンスを活かすよう指示を出すユージン。その中で……

敗北。
よくよく考えてみると、鉄華団にとってこれが初の敗北になるんだよな。これまで、仲間が多く犠牲になった戦いはある。深手を負ったこともある。それでも、一応の目的を達することはできた。しかし、今回は……
仲間を失ったことに動揺するオルガ。
この戦いで、全てが終わると思っていた鉄華団にも広がる動揺。もう、鉄華団は終わりじゃないか、という考えも。しかし、鉄華団がなくなったらもう、帰る場所がない者たちも……。

なんていうか……自分自身、三国志とか、戦国時代を題材にした小説とか、アニメとか、ゲームとか、そういうのは結構、読んできているんだけど、逆境に陥ったときの厄介さ、っていうのが今回の話はよく描けていた、というのを感じる。
勝ち続けているときって、「これを乗り越えれば!」という攻めの姿勢でいけるけど、劣勢になった場合、それがなくなる。負ければ終わり、勝っても時間稼ぎ、その場しのぎ。先に書いた、戦国大名とか、三国志の諸勢力のように、領地を持っている存在なら、そこに逃げ込んで立て直す、というのも可能(もっとも、負けた、となると勝ち馬につきたい存在が、反旗を翻したりすることが多くて、っていうのあるけど) でも、鉄華団のように、そもそもそれがない存在は? また、地球という本来の領地から離れたマクギリスは……
その窮地感がうまく描けていたと思う。

「あんたが腑抜けててどうすんだよ!」
まぁ、オルガに関してはヤマギの一言で、多少、立ち直った感じはするけど……人員は負傷者だらけ(デルマみたいに、傷痍軍人状態の人も多数)って状況を気持ちだけで、っていうわけにはいかないからなぁ……
だからって、ここでテイワズ参戦みたいなのは、個人的には勘弁してほしい。




にほんブログ村


http://104bk.blog.fc2.com/blog-entry-7931.html
スポンサーサイト

COMMENT 0