(書評)慈雨

著者:柚月裕子



警察を定年退職した神場智則は妻・香代子と共に遍路参りの旅に出る。42年にも及ぶ警察官人生を振り返る中、神場の耳に入ったのは地元で起きた幼女殺害事件の発生。そこで頭に浮かぶのは16年前に発生した幼女殺害事件。自らも捜査員として参加した事件。容疑者を逮捕し、解決したはずの事件だが、果たしてあれは正しかったのか……? 神場の葛藤が始まる……
なんか、じっくりと沁み込むような物語だなあ……。
こういうと何だけど、設定としては先日読んだ『望み』(雫井脩介著)とも共通したものを感じる。というのは、『望み』の場合、主人公は被害者か加害者かわからないが、事件関係者となってしまった息子を待つ両親。一方、本作の主人公は元警察官で、その時代の部下を通して情報が入るし、ある程度、意見を言うことができる。しかし、現場にいるわけじゃないし、情報もリアルタイムで入るわけではない。その中で、神場が行うのは、過去の事件のこと……
16年前に起きた事件。現場に残された体液とDNAが一致した者が犯人として逮捕され、有罪となった。しかし、被告は裁判において一貫して無罪を訴えていた。判決は20年の懲役刑で、今、被告は刑務所の中。手口がそっくりなのは、偶然なのだろうか? DNA鑑定は、当時、まだまだ精度に問題があった。しかも、アリバイがあったのでは、という目撃証言も……。だが、それを警察の威信のため、という言葉によって黙殺してしまった……
物語は、神場が妻とお遍路参りをする最中、そんな過去の事件を回想する形で描かれる。そして、その事件が現在起きている様々な想いの根源にもなっていることがだんだんと判明していく。自分の警察官人生はこれで良かったのだろうか? 信頼できる部下であった緒方と娘が付き合っていることに反対する理由。それらはすべて……
なんていうか、物語から感じるのは、神場の、非常に真面目だけれども、同時に非常に不器用な生き方、だろうか。確かに、仮に冤罪だったとすれば、取り返しのつかないことをしてしまったことは確か。でも、それは神場一人が原因とはいえないはず。それにもかかわらず、そのわずかな小骨のようなものが、彼の人生にずっと重くのしかかる。そんな人間性がこれでもか、と描かれた作品と言えるだろう。
物語の7割くらいはそんな過去への想いでつづられるのだけど、それだけに、終盤、そんな後悔を振り切って、というシーンの爽快感は格別。いや、やっていることは相変わらず、お遍路参りをしながら事件概要を聞き、なのだけど……でも、吹っ切れた神場の心が読んでいる自分にもはっきりと感じられた。そんな神場を献身的に支える妻・香代子の存在感も抜群。
終盤の流れは多少、上手く行き過ぎとは思うものの、それでも、地味な中に衝撃を感じる。そんな作品だった。

No.4325


にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0