機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ・第47話

「生け贄」

火星へと何とか逃れてきたマクギリスと鉄華団。しかし、マクギリスはギャラルホルンからの資格をすべて剥奪。鉄華団もまた、マクギリスと共に犯罪者としてマークされる存在へと落ちぶれた……

前回の逃亡劇から、今回はオルガの誤算といったところか。
犯罪者というレッテルを貼られたことにより、それまで受けていた各種の支援はことごとく打ち切り状態。しかも、口座などにあった資金もすべて凍結。さらには、先の戦いによって戦力そのものも枯渇。もはや、万事休すという中でオルガが考えたのは……

前回、オルガが覚悟を決めたと思ったのに、結局、それも独りよがりだった、というのは何とも皮肉。
オルガの下した決断。それは、鉄華団の解散。マクギリス、バリスはギャラルホルンへと引き渡す。勿論、オルガ自身もその首を差し出す。
しかし、ラスタルの回答はNo。
一度は地に落ちたギャラルホルンの名声。それを回復するには、犯罪者集団たる鉄華団そのものが生け贄となることで、治安維持をアピールせねばならない、という。オルガ一人の首では、すでに間に合わない状態になっている。
意気消沈するオルガ、そんな独りよがりなオルガに対する団員の反発。

今回の話、個人的にはイオクとザックという二人の印象が強く残った。

イオクは、これまでハッキリ言って滅茶苦茶な指揮とかをとっていたわけだけど、その数々の失敗。そして、そんな彼を導く「大人」としてのラスタルの存在。それがあってか、立場に甘えるのではなくて、一兵卒としてでも、自らの役割を果たしたい、というセリフが出てきたのは、彼の成長、というのを一つ描いた話。そして、それって導く存在がなく(ついでに言えば失った)独りよがりな存在になったオルガと対照的、というのを感じる。

一方のザック。今の状況で、出ていきたい奴は出て行った方がいいと宣言するオルガに「ついていく」という団員が大多数の中、ただ一人、その決断を愚かと言い放ったのがザック。
デインが指摘したように、そもそも、戻る場所がない人間ばかり、ということに気づかないなど、まだまだ視野の狭さはある。でも、今、このままついていっても犬死っていうのは決して間違った指摘ではないはず。そして、以前、おやっさんが言っていたように、彼のような視点を持った存在って絶対に必要なはず。最近、ようやくユージンとかがオルガに反対意見とかを言えるようになったけど、どちらかというとイケイケ系ばかり。一歩引いた視点を持っている存在がいないんだよね。ザックはそういう視点の持ち主。
こう見ると、やっぱりビスケットを喪った損失って大きかったと思える。

一筋の光明としては、地球へと戻り、アーブラウの協力を得て、団員の戸籍を書き換えること。
……なんか、これはこれでショボい解決方法だな、と思ってしまったのは秘密。




にほんブログ村


http://104bk.blog.fc2.com/blog-entry-7968.html
スポンサーサイト

COMMENT 0