(書評)パイルドライバー

著者:長崎尚志



神奈川県金沢区の閑静な住宅街で発生した一家惨殺事件。その事件は、15年前に発生し、未解決のままに終わった事件に酷似していた。しかし、細かなところには差異も……。同じ犯人なのか、それとも模倣犯か? 刑事としての自分に自信が持てない中戸川俊一は、15年前の事件の捜査を担当した元刑事・久井と組んで、15年前の事件を追うことになるのだが……
結構、大ぶろしきを広げてきたな、というのが読みながら何よりも思ったこと。
物語は、俊一と久井がコンビを組んで15年前の事件関係者にあたるところから始まる。一家惨殺事件の被害者である少女の同級生たち。当時、中学生だった彼らは、現在は三十路を手前にした存在。その中で、久井が見るのは当時、自分が感じていたことは本当なのか? 中学生だったころではなく、現在になって話を聞くことで見えてくるものがある。そんな手堅い方向で捜査を進める中、15年前にも「自分がやった」と出頭してきた男が再び出頭してきて……
この辺りから物語が思わぬ方向へ。薬物中毒で、ただの妄想と思われる男の言葉はどこまで信じられるのか? しかも、その男が警察署の前で殺害されてしまう。そして、その男は、ある人物から脅迫され、殺人を強要されていた。その脅迫者は……
著者の作品は初読みなのだけど、浦沢直樹氏と組んで漫画の原作などをしていた方、ということでその予測のつかない方向へ物語が舵を切っていく様にこちらも完全に振り回された。15年前と現在。そんな時間軸の違いがテーマかと思えば、ISISなどと難民という問題にも近づき、さらに司法と政治というところへも動いていく。正直なところ、これで話がまとまるのだろうか? と途中、心配になったくらいだし。
なので、何がテーマなのか? というと、「これだ」と言い切れないところがあるのだけど、私は周囲の人間が騒ぐことによって肥大化してしまう、という部分に怖さを感じた。ネタバレと言えば、ネタバレになってしまうのだけど、大本の事件は、素直に言っていればすぐに解決したはずのもの。ところが、その周辺の人物を巡って政治的な駆け引きが始まり、ひっこめることができなくなり、それが時間を経て新たな事件への火種となる。終盤、事件をかき回した存在を久井が叱り飛ばすシーンは、そのことを強く感じさせる。
かなりぶん回されるので読んでいて疲れるけど、でも、読み終わって面白かったと思える。そんな作品じゃないかと思う。

No.4334


にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0