(書評)賭博師は祈らない

著者:周藤蓮



18世紀末、ロンドン。負けないこと、勝ち過ぎないこと、をモットーとする若き賭博師ラザエルは、誤って手に余る大金を手にしてしまう。そこで仕方なく購入したもの。それは、奴隷の少女だった。喉を焼かれて声を失い、決して逆らうことがないように調教された少女リーラ。放り出すわけにもいかず、ラザエルは彼女に教育を施しながら、メイドとして雇うことにしたのだったが……
第23回電撃小説大賞金賞受賞作。
あ、自分、この作品好きだわ! 読みながら、まず思ったのがそんなことだったりする。
粗筋ではロンドンと舞台が明記されていて、ロンドン塔だの何だのと言った場所も登場する。ただ、物語としては、あくまでも産業革命などが進み、その中でギャンブルというものが庶民の間にも広まりつつあった時代……くらいのイメージで十分だと思う。そんな時代に、冒頭に書いたような形で、リーラを引き受けることとなって、という物語。
そんな中で、当初は、リーネをどうしたものかと戸惑うラザエル。その中で、イカサマを暴く仕事だとか、はたまた、筋肉バカの拳闘士・ジョンや、女性にすぐに手を出す賭博仲間のキースといった面々とのやり取りという者がつづられていく。無口キャラというか、文字通りしゃべることができないリーラ。当初は、自分の意志すら見えなかったそれが、上に書いたような日常の中で少しずつ感情を手にしていく。そして、何に対しても「どうでもいい」が口癖のラザエル自身も、少しずつ彼女のことを意識するようになっていく。そんな過程がすごく丁寧に描かれていて、ラザエルと同じように読んでいる自分自身も、だんだんとリーラが可愛いという風に思えていくのがすごい。
それと、自分自身、競馬とかやっている人間として、ギャンブルの話がしっかりと描かれているのが良いなぁ、と感じた。ルールとか駆け引き、っていうのもさることながら、運任せに見えて、実のところ、ギャンブルの仕組みとか、イカサマの方法とか、合理性が要求される部分って実はかなり存在している。そういうのをしっかりと描いており、それがタイトルにも繋がっているあたりは、本当に見事。
ストーリーの流れは、決して目新しいものじゃないと思う。でも、登場するキャラクターたちの魅力、そして、その心情の変化をしっかりと描き切る。そういうところがしっかりとした作品と言えるだろう。

No.4336


にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0