(書評)虹を待つ彼女

著者:逸木裕



2020年、人工知能と会話、恋愛ができる人気アプリ開発をする研究者の工藤は、死者を人工知能化するプロジェクトに参加する。その試作品のモデルとして選ばれたのは、6年前、自らの開発したゲームと、ドローンを連携させ、渋谷の町中で自殺したゲームクリエイター・水科晴。晴について調べる中、だんだんと彼女に惹かれていく工藤だったが、そんな折り、「調査を辞めねば殺す」という脅迫が届き……
第36回横溝正史ミステリ大賞大賞受賞作。
著者の本職が、フリーのウェブエンジニアとのことで、まさに自らの得意分野から物語を綴ってきたのだな、というのを感じる。
物語は、冒頭に書いたように、すでに亡くなっているクリエイター・晴はどういう人間だったのか? ということを探る物語。不可解な形での自殺を遂げ、その美貌と、その自殺の顛末もあって一種のカルト的人気を今もまだ持っている女性。しかし、生前の彼女を知らない工藤は、そもそも、その辺りの情報もそれほど正確にもっているとは言い難い。ゆえに、BBSで尋ねたり、はたまた、彼女を知る者に聞き込みをする。そんなときに来る脅迫状……
むしろ、脅迫が来ることで、より晴に興味を抱く工藤。そして、晴についての調査で浮かび上がるのは、その特異な性質。学生時代の知人は、周囲の話をロクに聞いていないし、時には返事すらしない変人という証言。一方で、学校を卒業した後は、出会い系サイトなどを使って次々と異性と関係を持っていた。しかし、その相手も、何を考えているのかわからない、という。工藤のパートで描かれるのはそんな晴の姿。しかし、読者としては、その合間に挟まれる「雨」という人物視点で、ただ、コミュニケーションが苦手なだけで……という人物像が補足されるため、二つの側面がどうつながっていくのか、というのをまず楽しむことができる。勿論、「雨」が誰なのか? も含めて。
そして、脅迫者、「雨」の正体が明らかになったときに浮き彫りになるのは、晴が「雨」に対してどういう思いを抱いていたのか? という謎。コンプレックスに塗れた雨。そんな雨に対して、晴が残したメッセージ。証言の中で出てきた晴に対する評価、彼女が作ったゲームに必ず施されている仕掛け。そういうものがしっかりと回収され、タイトルの意味にもつながる……という結末は綺麗。読後感の良さは見事。
ただ……気になる個所がないではない。巻末の選評で道尾秀介氏が指摘しているように、工藤は幼いころから頭がよく、それ故に世界に退屈している、というのだけど、そこまですごみが感じられないこと。また、ウェブ、コンピュータなどの専門家という割は脅迫者からのメッセージとかについては特に調べないとか、あれ? と思うところもいくつかある(本人に解析技術がなくとも、周囲に専門家はいくらでもいるわけだし) 工藤については、天才、みたいな設定、いらなかったんじゃないかな? とは思う。
とは言え、些細な事。面白い作品だった。

No.4354


にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0