(書評)臨床真実士ユイカの論理 ABX殺人事件

著者:古野まほろ



言葉の真偽、虚実を判別する能力を持つ本田唯花。彼女のもとに届く挑戦状。ABXと名乗る差出人の予告通り、Aという頭文字を持つ少年が殺害された。さらに、その一週間後、Bという頭文字を持つ人物が殺害されて……
ということで、シリーズ第2作。
著者のシリーズは何作か読んでいるのだけど、いつも思うのが、1作目は文章のクセなどにかなり戸惑うものの、2作目からこちらが慣れたのか、文章がこなれるのか、急に読みやすくなる、という印象がある。本作についても、前作に比べて読みやすい印象。
物語としては、冒頭に書いたように唯花のもとへと届く挑戦状。その挑戦状に書かれているように次々と殺害されていく人。Aという頭文字を持ち、血液型がA型で、Aのつく土地で。Bもまた……。しかも、その被害者は唯花の知人。事件が起こるたびに、唯花はその関係者に話を聞き、その虚実・真偽を探りながら、真犯人へと迫っていく。そして、全ての事件が明らかになったとき……
まぁ、ある意味、こういう作品に対して、「その設定は無理があるだろう」というのは野暮ってものだとは思う。ただ、被害者の関係者への聞き込みから出てくる違和感から、ミッシング・リンクが判明するのはともかく、その関係に全く気付かないものだろうか? とはどうしても思う。
ただ、それでもその違和感を最小限にする設定が作られているのは確か。唯花と行動を共にする晴彦視点なので、読んでいるうちに意識から外されていたのだけど、脅迫状の件は唯花たちだけの秘密であり、警察はそれぞれの事件が連続殺人と思っていない。そうなると科学鑑定とか、そういうところでの話が進みづらくなって……となるのだろう。そういう点でよく考えられている、とわかる。また、そのほかの違和感についても、一応は説明可能な範囲に留められているのも評価すべき場所じゃないかと思う。
そして、何よりも、その論理学的発想によって構図が二転三転する終盤の謎解き。実行犯が誰で、黒幕が誰か。その部分が、っていう大胆さはスゴイ。確かに、この人が本当にコレなら、バレていて当然なんだよな……(読んだ人ならわかるはず)
前作、謎解きは面白いけど、ちょっと読みづらい、という風に感じ方は騙されたと思って読んでほしい。本作は普通に楽しめると思うから。

No.4363


にほんブログ村

http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5952.html
スポンサーサイト

COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  臨床真実士ユイカの論理 ABX殺人事件
  • 臨床真実士ユイカの論理 ABX殺人事件 著:古野 まほろ 発行元(出版): 講談社(タイガ文庫) ≪あらすじ≫ 言葉の真偽と虚実を判別する瞳を持つ臨床真実士、本多唯花の元に届いた挑戦状。差出人ABXの予告通り、赤坂で頭文字Aを持つ少年が殺された。連続殺人を勝負に見立て、ABXは唯花を挑発する。一週間後、第二の殺人が起こり頭文字Bの女性が被害者となる。現場に残された、犯人...
  • 2017.04.19 (Wed) 22:09 | 刹那的虹色世界