(書評)キラプリおじさんと幼女先輩

著者:岩沢藍



女児向けのアーケードゲーム「キラプリ」。周囲から白い目で見られつつも、そのゲームに情熱を注ぐ高校生・黒崎翔吾はある日、努力の末に勝ち取った地元ゲームセンターのトップランカーの座を、小学生の千鶴に奪い取られてしまう……
第23回電撃小説大賞銀賞受賞作。
これで、電撃文庫で出た今年の電撃小説大賞受賞作はすべて読了。バトルものとか、SFものとかあったけど、一時期、多くあったラブコメ系の作品がこれ1つっていうのが結構、時代の変遷を感じる。
私自身は、アーケードゲームはクイズゲームしかやっていないのだけど、リズムゲームで子供向けゲームをいい年したおっさんがやって……みたいな話を聞いたことがある(どこまで事実かは知らないけど) ある意味、それをモチーフにしているのだろう。
物語としては、地元のゲームセンターのトップランカーの座を巡って、翔吾と千鶴がひたすらに争う物語。高校生なのに……っていう翔吾と、それはそれとしてもこっちもえげつない方法で争う千鶴。しょうもないやりとりを繰り広げる中、新たなイベントが開始。それは、協力プレイが基本的には必要で……
そこから一緒に映画を見るために町へと行ってみたり、はたまたトラブルを超えて最終的に一緒にプレイをして……という熱さ。ある意味、非常によく見るパターンの流れなのだけど、それだけにツボがしっかりと抑えられており、十分に楽しむことができた。
ただ……正直なところ、本作を読んでいて、一番、頭に浮かんだのは……夏希に対する嫌悪感だった。
いや、部活もせず、クラスで孤立をしてただ、ゲームに熱中している翔吾を心配する、っていうのはわかるんだ。ただ、相手の趣味とかを考えず「アレはダメ」という態度はない。そして、終盤、無理矢理にクラスのパーティーに参加させる。そして、その最中に見知らぬ街で困っていると助けを求める千鶴の電話を聞き、助けに行こうとする翔吾を止めようとするのにはドン引き。いや、小さな子供が街で迷ってSOSしたのも無視しろっての? と……
多分、夏希は翔吾のことが……なんだろうけど、だったら、そういうのをもっと押し出してもいいし、もうちょっと終盤の展開も工夫してよかったんじゃないかな? と感じる。翔吾と千鶴の話の中で、凄く嫌な奴という役を押し付けられた感がどうしてもしてしまう。
そして……
アフロ、GJ!
そんなしょーもない言葉で締めてみる。

No.4364


にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0