(書評)蜜蜂と遠雷

著者:恩田陸



3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。ここを制した者は、世界最高峰のコンクールで優勝する、というジンクスが付きつつあるため、世界的な注目を集めつつある。そのようなコンクールへと集った面々は……
第156回直木賞受賞作、2017年本屋大賞受賞作、と、注目される文学賞をW受賞した本作。
個人的に著者の作品というのは、不可思議な世界観、その中での奇妙な出来事……と、どんどん魅力的な世界観を構築していく……までは見事。しかし、その世界観をしっかりと畳むことが出来ているのか? というと……という印象を持っている。勿論、きっちりと畳み切った作品だってあるんだけど、傾向、印象としては、ということで言えば。
そんな中、本作は実にストレート。冒頭に書いた通り、舞台は芳ヶ江国際ピアノコンクール。そのコンクールに参加する面々が、地方予選、1次予選~3次予選を戦い、そして、本選を、というのを描くだけ。ひねりとか、そういう部分ではなく、野球で例えるなら、160キロの剛速球をど真ん中に投げ込んで「打ってみろ!」と言われたようなそんな気分。
亡き名演奏家・ホフマンが招待状と共に送り込んだ少年・風間塵。コンサート経験は一切なく、それどころか家にピアノもないという環境で育ちながら、破天荒で、しかし人を魅了する演奏をする塵。一方、かつて天才少女と言われながら突如、表舞台から消え、7年ぶりに復帰する亜夜。長身で見栄えのする出で立ちから、しかし、時に繊細で、時に豪快な演奏を見せる日系人・マサル。コンクール出場者の中では最年長で、妻子もいる青年・明石。そんな彼らを審査する側の三枝子。そして、その周辺の人々……で、物語がつづられる。
これ、中山七里氏の岬洋介シリーズの感想でも毎回のように書いているのだけど、「読みながら実際に音楽が聞こえるようだ!」という感想が書けない。なぜなら、クラシック音痴の私には、曲名が出ても「どんな曲?」ってのが良くわかっていないから。よくわかっていない中で、曲の強弱、テンポの転換というのを感じさせるのは流石なのだけど……。多分、どんな曲か理解している人なら、そのうえで各人の演奏を頭の中で再現できるんじゃないかな? と思えてならない。
ただ、その上で、コンクール参加者、聴取者たちの意識の変化というのが面白かった。
一応、ネタバレになってしまうけど、2次予選で落ちてしまうことになる明石。他の主な登場人物たちと違い、天才的な腕があるわけでもないし、妻子ある身で24時間、音楽漬けの生活をしているわけでもない。しかし、それでもコンクール参加者たちの演奏を見て、そして耳にして感じる自分の音楽への想い。母を亡くして以来、音楽から距離をとっていた亜夜。当初は中傷なども恐れていた彼女だが、幼馴染であったマサルとの再会、そして、参加する中で自分の音楽への想いを固める。それはマサルもまた……
冒頭、地方予選の審査をしていた三枝子が、塵の演奏を聴き、怒り、「ホフマンはなぜ、このような子を」という問いかけをするのだけど、塵の型破りな演奏を聴き、その中で、自分の心を決めていく面々から、自然とその理由を感じることが出来る。音楽とは何なのか? 誰のためのものなのか? このままいいのか? そのようなメッセージが込められているのだろう、と。
分量があるので、結構、読了に時間がかかったのだけど、その分、読み応え十分。面白かった。

No.4367


にほんブログ村

http://blog.livedoor.jp/naepon0808/archives/52405338.html
スポンサーサイト

COMMENT 1

苗坊  2017, 04. 27 [Thu] 20:38

こんばんは^^
500ページ以上ある上に2段になっていてこれは読むのが大変そうだなと思いましたが、楽しい読書の時間でした。読み終わりたくない~と思いながらも読む手が止まらなかったです^^
私もこの作品に出た曲たちは知らない曲ばかりだったのですが、それでも頭の中に音楽が流れているような気がしました。きっと、ちゃんと知っていたらもっと感想は違ったんだろうなと思います。悔しいです。でも、改めて聴こう!という気はなぜか起きず←
久しぶりに恩田さんの青春小説を読んだような気がしました。
登場人物たちの10年後あたりも読んでみたいなと思います。今後どういう人生を歩むのか気になります。

Edit | Reply | 

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  蜜蜂と遠雷 恩田陸
  • 蜜蜂と遠雷著者:恩田 陸幻冬舎(2016-09-23)販売元:Amazon.co.jp オススメ! 私はまだ、神に愛されているだろうか? ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切っ ...
  • 2017.04.29 (Sat) 19:46 | 苗坊の徒然日記