(書評)ラストナイト

著者:薬丸岳



赤羽で居酒屋を営む菊池。ある夜、彼の店に顔に刺青を施した男が現れる。男の名は片桐。35年来の知人であり、32年前に、この店で傷害事件を起こして以来、何度となく犯罪に手を染めてきた男。その犯歴、風貌から、悪し様に言われる片桐だが、彼を知る菊池は、決してそんな男ではないことを知っている。なぜ、彼は罪を犯すのか……
という風に書くと、主人公が菊池で、片桐の真意を探る作品のように思えるけど、そうではない。
物語は全5章構成で、それぞれ片桐と関りを持つ人々の視点でつづられ、片桐の真意を、という形になっている。その第1章が、赤羽で居酒屋を経営している菊池、というわけ。それぞれで、一応、一区切りがついているので、連作短編的な味わいもある。
著者というと、司法、特に刑事事件についての諸々というのを題材にしている作品が多いのだけど、本作もそれは1つのテーマ。特に、前半のエピソードではそれを感じる。短編の感想を書くような形で綴ることにする。
第1章の菊池。冒頭にも書いた通り、35年来の知人であり、片桐の最初の事件は、菊池が店を空けたときに起きたトラブルで、菊池の妻を守ろうとして起きたもの。罪は罪であるが、しかし、片桐に対する借りもある。しかし、その後の片桐の累犯は、決して見過ごせないし、何よりも「経営者」として、片桐が店に来ると客が去ってしまう、という問題もある。自分の代で閉めるならいい。しかし、店を継ぎたいという娘夫婦の意向を考えると……
知人、友人として支えたい、という気持ちはある。でも、現実問題として……。そんなときに、同じようなケースを知っている、という常連客が言った言葉。「ろくでなしだった人間が、支えてくれる人がいたからまっとな道に戻れた」 そんな言葉で、片桐を支えようとした。その時に……
話としてまとまっている上に、その後が気になる。導入編としては完璧だろう。
第2章の主人公は、片桐が起こした直近の事件での弁護をした弁護士・中村。中村は出所をした片桐が出所の挨拶に来た際の「また何かあったら」という言葉が引っかかる……
第1章の、菊池の章にも登場し、菊池に「ずいぶんと真っすぐ」と評された中村。しかし、彼は彼で苦しい過去を持っている。片桐のように、何度も刑務所へ、ということはないにせよ、酒と賭博に溺れ、母など親族へと迷惑をかけまくった父。だからこそ、彼は、父を拒絶した。そして、結果、父は自殺した。自業自得ではある。しかし、それでよかったのか? 自分が手を差し伸べていたら……。加害者家族が、その当人に迷惑をこうむっているけど、しかし……。そんな状況を上手く描いていると思う。
と、前半のエピソードは良かったのだけど、後半、片桐の真意についての話になってくるとちょっと無理矢理感を感じた。片桐の執念とか、そういうのはわかるけど、ちょっと効率が悪すぎないか? とか色々と強引さを感じてしまったので。
ということで、ちょっと後半は強引さを感じた。
ただ、リーダビリティの高さは相変わらずで、どんどん読み進められる。それらをトータルした評価というのはやはり高い水準。

No.4369


にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0