(書評)京の縁結び 縁見屋の娘

著者:三好昌子



「縁見屋の娘は祟りつき。男児を産まず26歳で死ぬ」 京で口入業を営む縁見屋の娘・お輪は、母、祖母、曾祖母と、皆、26歳で亡くなるという「悪縁」を持っていた。しばしば見る、奇妙な夢との関係が気になっているある日、謎めく修行者・帰燕がお輪の前に現れて……
第15回『このミス』大賞・優秀賞受賞作。
あんまり作品をジャンル分けして、カテゴライズするっていうのはどーかと思うところはあるんだけど、この作品、「ミステリ」という感じはしない。どちらかというと、SFファンタジーという感じだろうか。まぁ、それを含めて「広義のミステリ」という言い方が出来ないわけではないのだけど。
物語は、冒頭に書いたように、代々、26歳で亡くなってしまう、という縁見屋の娘に生まれたお輪。そんなときに、修行者・帰燕が現れ、そして、ひょんなことから、その縁が、先祖となる人物が行った因縁によるものと知る。そんな悪縁を帰燕は断ち切るという。
まあ、そもそも帰燕の正体は何者なのか? また、帰燕を信頼してよいのか? そういう部分での判断などで、どちらだろう? と迷わせる。また、かつて、縁見屋に富を与えたという書を使っての人物探しなど、細かなところで読者にゆさぶりをかけて、読者を読み進めさせる。そして、そうした上で、全ての登場人物、素材を回収して物語をまとめ上げる、という構成力は見事。文章そのものも読みやすく、リーダビティも高い。そういう意味で、総合的な完成度が高く、受賞した、ということは素直に納得できる。
ただ、正直なところ、主人公であるお輪の気持ちの揺れ動きとかにイマイチ共感しづらかった。
自分を救ってくれる、という帰燕に惹かれる、っていうのはわからないでもない。また、自分をずっと想ってくれる徳次についても、その気持ちはわかっているけど、気持ちに気づかないふりをしている。まして、徳次と結婚する、と言っても、自分は26歳で死んでしまうから……という気持ちも持っている。この辺りはわかるのだけど、唐突に帰燕に惹かれていたりとかで「いつの間に?」という戸惑いを感じてしまった。また、恋心関連でないところにしても、結構、縁見屋の秘密とかを周囲に簡単に漏らしてしまったりとか、そこはもうちょっと慎重になろうよ、と思える部分が……。帰燕の心情などについても同様。
過去の縁などが収束していく様は良いのだけど、登場人物に共感できなかったのが最大の欠点かな? と思える。
あと、タイトルに「京の縁結び」とあるけど、そういう要素が皆無なのは気のせいか?

No.4379


にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0