(書評)裏関ケ原

著者:吉川永青



天下分け目の関ケ原。その戦場に赴くことのなかった武将たちを描いた短編集。全6編収録。
本書の主人公は、黒田如水、佐竹義宣、細川幽斎、最上義光、織田秀信の6名。それぞれが、秀吉による天下統一の前後から始まって、関ケ原へという時系列で描かれている。
まず、著者の作品、最近は刊行ペースが速いこともあって、なかなか追い切れていないのだけど、それでも過去の作品とリンクしている、と感じる部分が多い。特に関ケ原の一方の総大将的存在である石田三成を描いた『治部の礎』を読んでおくと、より楽しめるんじゃないかな、と思う。
例えば、黒田如水が主人公の『幻の都』。秀吉の死後、家康と三成の対立が激化していく中で如水が感じる危機感。それは、国が二つに割れる中、自ら朝鮮出兵をして戦った大国・明の脅威。朝鮮半島にほど近く、眠った大国、明が動き出せば最初に九州が狙われるは必至。そこで、九州を平定し、明との交渉で危機を乗り越えようとするが……。
このエピソードの中でも、如水が秀吉の腰巾着と否定的にとらえ、しかし、関ケ原ののちに……というのは描かれている。これはこれで十分に意味は通じると思うのだけど、『治部の礎』での、三成の覚悟、決意を読んでいると、より、この結末に納得できると思う(というか、言い方は悪いが、このエピソードだけだと、三成の行動に後付感を感じるんじゃないか、とも思う)
そして、それは2編目、佐竹義宣を描いた『義理義理右京』も。秀吉の小田原攻めを前に豊臣へと組した佐竹家。そんな佐竹を陰日向に支えてくれた三成。秀吉の死後、三成が危機になった際、彼を守るべく家康に頼り、家康にも借りを作るが……。とにかく生真面目で、受けた義には忠実な佳宣。それが三成、家康、両者の狭間に立ったとき……。三成の言葉が彼を奮い立たせるわけだけど、この覚悟も……と感じるわけである。
と、どちらかというと『治部の礎』のスピオンオフのように感じるのだけど、真田昌幸が主人公の『背いてこその誠なれ』は、文字通り『化け札』の続編的な位置づけ。そちらの感想に、「武田信玄を超えたいという昌幸と家康。両者が豊臣政権下、関ケ原前後でどう動くのか読みたい」と書いたのだけど、大分、端折られている(笑) でも、弱小と言われる勢力であっても一度は天下を目指そうとした者の一世一代の大博打。そして、戦後、長男信幸と、その妻・小松殿の差配を前にした昌幸。その最中を読みたかったのは事実なのだけど、ちょっと中途半端さを感じた『化け札』の物語の終幕として申し分のない出来であると思う。
まぁ、同じ時代を舞台にした作品ということで、同じ事件のシーンが繰り返し描かれるなど、というのはある。それが冗長に思える部分はあるかもしれない。
本作だけでも楽しめるとは思うが、『治部の礎』『化け札』辺りを読んでいると余計に楽しめるのではないかと思う。
……と言って、未読の『賤ヶ岳の鬼』とのリンクがあったらどうしよう……とも思ったり。

No.4382


にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0