(書評)掟上今日子の旅行記

著者:西尾維新



勤めていた旅行代理店の退職金替わりにもらったチケットでパリを訪れた隠館厄介。ところが、そこで出会ったのは忘却探偵・掟上今日子。一度、眠ってしまうと記憶がリセットされる彼女がパリに来た理由。それはエッフェル塔を盗むという「怪盗淑女」なる存在からの予告上。ところが、回答の目的は今日子を回答に仕立て上げることで……?
シリーズ第8作。
今日子が探偵足り得る理由。それがそれだけに、ここで描かれる事態そのものは想定されていたのだけど、ここで持ってきたか。
ということで、怪盗淑女からエッフェル塔を守るべくしてパリに来た今日子。しかし、ひょんなことで今日子は眠ってしまう。そして、その眠っている間に身体に書かれたメッセージは「探偵」から「怪盗」へと書き換えられていた。そして、その通りに、今日子は怪盗としてエッフェル塔を盗む方法を考察する……
厄介の台詞じゃないけど、なんで、自分自身のことについての信頼感だけはやたら高いんだよ!(笑) どうにかして、盗みをやめさせようとする厄介。しかし、やたらと高い自分自身に対する信頼度と、助手として扱われたことにより上手くいかない。仕方なく、今日子のアイデアを聴きながら、チャンスを狙うことに。一方で、今日子は、なぜ自分がエッフェル塔を盗もうとしたのか、という動機から方法を考察して……
これまでのエピソードとは立場が異なるというトリッキーな形での展開。しかし、その一方で、シリーズを読み進めた側としては一番、安定感のある厄介と今日子という関係性でそれをやる辺りは、流石にシリーズを重ねてきただけのことはあるな、と思う。
と、同時に、最終的に今日子が黒幕に提示した方法は……なかなかロマンチックで面白い。ここで書かれたものがどこまで正しいのか、とか、そういうところはわからないのだけど、世界的に有名なランドマークを使って、壮大な夢を示す。日本を離れ、パリという舞台にしたのも、それがやりたかったから、なのだろうか? 著者が、こういうことをすると思ってはいなかったことも含めて、予想外の結末にインパクトが残る。
単行本で200ページほど、といっても行数とかが少ないので、中編くらいの分量なのだけど、満足感そのものは高い読後感となった。

No.4393


にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  掟上今日子の旅行記
  • 掟上今日子の旅行記 作:西尾 維新 発行元(出版):講談社 ≪あらすじ≫ 「エッフェル塔をいただきに参上致します。―怪盗淑女」不穏な犯行予告を阻止するため、パリに招かれた忘却探偵の掟上今日子。しかし怪盗の真のたくらみは、今日子さん自身にエッフェル塔を盗みださせることで…!?奪われた記憶と華麗なる罠。助手役を担う隠館厄介は、怪盗の魔手から今日子さんを救えるか?名...
  • 2017.05.19 (Fri) 21:02 | 刹那的虹色世界