(書評)宿命と真実の炎

著者:貫井徳郎



幼い日、警察沙汰によって離れ離れになった雅也とレイ。大人になって再開した二人は、警察への復讐を誓い、着々と実行していく。地元で起きた警察官殺害事件の捜査に加わった野方署の女性刑事・高城理那は、被害者・小川と同じ時期に同じ署にいた白バイ警官が自損事故で死亡していたことに疑惑を覚えて……
後悔と真実の色』の続編になる作品。
著者は「ミステリ作家」と言われることが多いのだけど、よくよく考えてみると犯人が誰なのか? というような作品って意外とない。そんな著者の作品としては珍しい、ある意味、真正面からの犯人捜しミステリとなっている。
物語は、冒頭に書いた女性刑事の理那。犯人である雅也。そして、スキャンダルで警察を追われた元刑事の西條という視点を中心に綴られる。そのためか、まず読んでいて感じるのが「もどかしい」という思い。雅也視点で綴られるため、読者としてはそれが連続殺人であることは明らか。しかし、捜査をする理那視点では、本当に連続殺人かどうかもわからない。だからこそ、そこから仮定を重ねながら証拠を固めていかねばならない。そして、被害者のミッシングリンクから一人の容疑者が浮かび上がるが、しかし……
この物語、前作の主人公である西條が物語に本格的に絡むまでは、時間がかかる。そこまでは、というと、警備員としての倦んだ日々。そして、兄の紹介で、その会社に入ったものの、やはり、そこに居所を見つけられない日々。そんなとき、舞い込んできたのは、警察を辞め、通うようになった古書店店主の家でのトラブルであり、彼を頼ってやってきた理那からの相談……
前作で落ちるところまで落ちた西條だけど、その観点から言えば、「再生の物語」と言えるのかもしれない。そして、そうなる理由となったのは、前作では全く彼が頓着していなかった周囲の人間との繋がり。古書店の話は、そこでのやりとりを通じて店主と知り合い、信用されたことが大きいし、理那が西條に相談をしたのも、何だかんだで、捜査一課の面々が彼を評価していたから。そして、何よりも、理那が語る理想、心意気、覚悟に打たれたからこそ……。反対に、基本的には生真面目な誠也は、それとは逆に。この辺りが正反対となっているのは、計算だろうな。
独立した話だけど、やっぱり前作は読んでおいた方がたのしめるのは間違いない。著者が、自らのサイトで、前作が全編、本作が後編、ととらえてもらっても構わない、と書いているんだけど、その説明が凄くしっくりときた。

No.4394


にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT 0